更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2020年12月 25日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
↓迷子になったらこのバナー↓

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。


投稿、おまちしています
真鶴半島遊覧船
TEL 0465−68−3255 / FAX 0465−68−4833
住所 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1947−42
交通 このあたり
真鶴半島の付け根、小田原側
R135の真鶴駅前から海側に道なりに進むと左側に見える
遊覧船の旗が立っている駐車場が見えるのでそちらへ
関連ページ  こちらのHP http://www.shounan-cruise.jp/ (2021.01)
利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(北海道犬風雑種・ メス)/利用日 2020.10
10月の平日の天気の良い日の箱根の「杣の栖」でのランチ後に利用。
箱根から熱海に向かう途中の観光。

HPによると、営業日は、(土)(日)(月)(祝)との事。
だが、団体予約がある日は運休日でも通常営業になります、との事。
なので、本来休業日ではあるが、この日は営業日であった。
ただ、何時の便が団体様が来るのかは分からなかったので、とりあえず行ってみた。

以前も行った事があったので、あまり調べずカーナビの案内で普通に行った。
すると、近くの飲食店に案内されてしまった。
それでも今では便利なスマホがあるので、ちょっと調べれば場所が分かる。
このあたり」の場所が正しい場所である。

ナビに頼らず周囲を見ていれば、ちゃんと駐車場の案内も見える。
ただ、ちょっと手前に大きな駐車場の看板もあり、広い駐車場がある。
こちらに駐車もできるが、ちょっと遠い。
バスがメインの駐車場であるようだ。
大きな駐車場看板 小さな「遊覧船P」の案内
その先の道路の脇に、小さな「遊覧船P」の案内があり、
そこから海岸沿いに進む。
すると、海岸沿いに待合所や駐車場が見えた。
奥に券売所も見え、車を駐車場に停める。
券売所・駐車場・待合所 券売所 かっぱえびせん販売中
券売所で、運賃を支払い券を購入。
かっぱえびせんも販売されていたので購入。
こちらは、カモメの餌付け用であるが、ちょっと高い価格。
船内でも販売してるとの事。

出航時刻まで、待合所でしばし待つ。
前の便の船が戻ってくるのが見えた。
接岸し、お客さんが降りてきた。
船の正面に行って、写真も撮影。
船が帰って来ました そろそろ乗れるのかな 遊覧船正面写真
 
船に乗るよ 船内(要ケージ)  

改札時間になり、乗船開始。
以前と違い、ユキも慣れたもので平気で桟橋を渡って行く。
そのまま乗船すると、右側に船内の客室が見える。
特に説明は無かったのだが、たぶんこちらはケージが必要と思われる。
なので、その先のデッキの隅っこで就航を待つ。
他のお客さんは、船内の席へと着いて行く。
デッキの隅でお座り 出 航 真鶴の街並み
しばし待ち出航時間になると、船は港を離れていく。
船乗り場や駐車場も見渡せるようになっていく。
少し進むと、真鶴の街並みも綺麗に見える。
結構海岸沿いの斜面にびっしりと建物がある感じである。
船内では、周囲の観光案内の音声も流れていた。

そのまま湾内を進んで行くと、左右に防波堤が見えてきた。
左側には灯台も見えた。
湾内から外海へ出ると、船が揺れるのでご注意下さいとの事。
この日は、意外と海が荒れ気味であるようだ。
防波堤超えます 真鶴半島沿いに進みます
湾を出ると、真鶴半島の沖合を南下していく。
船内からの周辺の観光案内も聞きながら進んで行く。
カモメがやって来た
すると、少しづつカモメが近づいてきた。
実は、乗船前には、この日はカモメが来ないかも知れない旨告げられていた。
外海の風や波が荒いと、カモメが来ない事が多い様だ。

それでも、外海に出てから船員さんが餌(かっぱえびせん?)を巻く姿が見えた。
その後に少しづつカモメが船に近づくのが増えていくように感じていた。
船内のアナウンスでカモメが来た事を告げると、船内からお客さんが
デッキにいっぱいやってきた。

皆かっぱえびせんを手に持ち、カモメを呼び寄せる。
カモメも、それらに連られいっぱいやってくる。
やはり船上から見るカモメの姿も絶景である。

その後、真鶴半島沿いに進んで行き、最南端が見れる場所まで行く。
夫婦岩の様な感じになっており、注連縄や鳥居を見る事もできた。
船内の観光案内でも色々と説明をしてくれている。
真鶴半島最南端 船旅楽しいね
その先でターンをして、港へ戻って行く。
ユキもたっぷりと船旅を楽しんでいるようだ。
港へ戻ります 乗場に近づいたよ
30分程の船旅を楽しんだ後、港の乗り場へと到着。
下船の準備が始まり桟橋を架けていると、ユキはその様子をじっと見ていた。
下船だね
桟橋が架かり、下船。
ユキは平気で歩いて行った。


大人 1,200円
犬   無料

現在HPに割引券ありません(2021.01)。

利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(北海道犬系雑種・ メス)/利用日 2009.01
1月中旬の寒い日に利用。

遊覧船の前で記念撮影
圭おじさんご紹介の「城ヶ崎遊覧船」のHPを見ていて、
リンク集の中に「真鶴半島遊覧船」があった。
姉妹施設のようです。
こちらは小型犬はケージに入れれば船内OKで、それ以外は
デッキで、との事。

10:00〜15:00まで1時間毎に就航しているようで
到着した時には14:00の便が出港した直後だった。
(季節便で16:00もあるようです)

チケット販売開始は35分頃との看板が出ていたので
少し時間を潰してチケット販売の時間を待つ。
カモメの餌(かっぱえびせん)なる物も販売していた。

チケットを購入して出港を待つ。
船内(要ケージ)
その間記念撮影。
船に乗り込む際、ユキは桟橋でビビルので抱っこして乗船。

デッキで記念撮影

15:00ちょうどに出港開始。

出港するとスグにカモメが船尾に寄ってきた。
船尾にカモメがやってくる
沖から見た真鶴半島の先端
船員の方が他の乗客たちに餌のあげ方を教えていた。

カモメが人間の手から餌をもらっていた。

カモメが船と同じスピードで飛んでいるので、船からは
空中に止まっているように見える。
なかなか幻想的な光景に見えた。

沖に進むに従い真鶴半島の全容が見えてくる。
半島を越えた途端に波が荒くなり、船がかなり揺れた。
波しぶきもデッキに入ってくる。

少し沖に進んだ所でターンし港へ戻る。

デッキの壁が高いので床にいるユキには眺めは見れなさそう
だったので時々抱っこして景色と風を堪能させてあげた。

寒いかな?と思ったが意外と日光の当たってる時は、
さほど寒いとは思わなかったが、港へ入ると日陰になっており
少々寒かった。
カモメが見えるね〜

30分の航海だが中々楽しめた。


大人 1,200円
 犬 無料

HPに割引券あり

管理人へのメッセージ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  
現在コメントはありません

***** 投 票 *****
ここ行ったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)

旅行の予約

人間のファッション
雑貨など

パソコン、周辺機器、ソフト

アフィリエイト

アフィリエイトのアクセストレード

System Counter 2005.3.6 〜 5,830,232


Page Counter 2021.1.1 〜  147


inu-to-yuku System V0.23