更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2020年12月 25日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
↓迷子になったらこのバナー↓

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
伊豆高原 癒やしのわんこ宿 にこまめち
TEL :0557−53−1137
住所 静岡県伊東市八幡野1081-27
交通 このあたり   宿からの案内 http://www.nikomamechi.com/info.html
 伊東の街中から海岸線を走るR135を南下し、伊豆高原付近を
 少し過ぎると、「城ケ崎入口」信号があるので左折(海岸方面)
 左に東急ストアが見えたら右の道路へ右折
 そのまま狭い道を進み踏切を越え5つほど交差点を進み右折すると左手に見える

 我が家のカーナビの案内
 伊東の街中から海岸線を走るR135を南下し、伊豆高原付近を
 少し過ぎると、「城ケ崎入口」信号を過ぎて少し進むと左手に伊豆高原駅の案内があり左折
 そのまま道なりに進み「美術館それいゆ」の看板が見えた交差点を左折
 道なりに進むと右手に見える
交差点の脇の小さな看板 小さな看板拡大

 どちらから向かっても、
 交差点の脇に小さな看板がある。
 なので、良く見ていれば分かり易い。
料金 宿泊料金: 13,200円〜 /人  2,200円〜 /犬  (2022.04)
関連ページ   こちらのHP http://www.nikomamechi.com/index.html  (2022.07)
 楽天トラベルの紹介ページ http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/137751/137751.html
 
利用者シゲちゃん さん利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日 2022.04
4月上旬の天気の良い土曜に宿泊。
以前は「犬とゆく」右下の「楽天トラベル」で予約していたが、最近は直予約。
あまり変わった事は無いが、前回投稿から数年経った事と若干変わった事で投稿。
こちら、最初の投稿から毎年、年に数回お世話になっている宿。

鮎の茶屋」でランチ後に、伊豆半島のドライブを楽しんだ。
そのまま、伊豆高原の桜並木を車内から楽しむ。
ちょうど満開〜散り初めと言った感じで、とっても綺麗であった。
これも自然の物なので、同じ頃に来ても咲いてなかったり、蕾だったり色々。
伊豆高原桜並木 宿の看板 宿正面
桜並木を楽しんだ後宿へ向かい、いつも通り正面の駐車場に車を停める。
荷物を降ろし、ユキのしっこを済ませ、館内に入る。
いつもの通り、宿の方が出てきてくれた。
玄関脇の椅子に座り、足拭き用のタオルでユキの足を拭き入館。
ワンコは足を拭いたら、館内リードで移動可。

下足は、下駄箱の好きな場所に収納。
スリッパに履き替える。
下駄箱の脇には、小物類の販売もある。
こちらの収益は、保護猫活動に使われるとの事。
荷物は玄関に置いておけば、後で運んでいただける。
階段脇から見た玄関 冷蔵庫他
左側に2階への階段があり、その奥に冷蔵庫やパンフレットがある。
冷蔵庫内は、販売用のドリンクがあり、その上にはお菓子類もある。
賞状多数
お菓子の右側の籠は、運搬用の物。
料金は手前にある、お金入れ箱へ。

正面の棚には多数の賞状が置かれている。
ペット宿グランプリで受賞した物が置かれている。
人気の宿である。
1階通路

その奥に1階の通路がある。
通路の右側に、食堂の入口がある。

食堂内へ入ると、
フローリングの床に大きなテーブル席がある。
この日は、我が家ともう一組の計2組のみなので、
テーブルは2つのみ用意されていた。

食堂内
右側の壁には棚や食器類、冷蔵庫が置かれている。
こちらには様々なアルコール飲料も用意されている。
その右側は厨房への入口があり、右側に洗面台もある。

入口の脇には、無料ドリンクコーナーがある。
棚の上にコーヒーや紅茶、お茶等がある。
ワンコ用のビスケットもある。
棚の中には、様々な食器類もある。
食堂内無料ドリンクコーナー ウェルカムドリンクで乾杯
食堂内のテーブル席に着き、チェックイン手続き。
その後ウェルカムドリンクで乾杯。
やはり生ビールのウェルカムドリンクは嬉しい限りだ。

2階への階段
2階客室通路左側
その後、2階の客室まで
荷物を持って案内して
いただいた。

  2階客室通路は、
  左側が広くなっている。
にこまめち猫部

一番奥の左側の客室を
「譲渡型の猫カフェ にこまめち猫部」
としている。
こちら様々な境遇の猫達を保護し、
こちらで育ている。
予約制の猫カフェを営業し、譲渡や
その後のサポートも行っている。
猫カフェの収益はすべて保護猫達の、ごはん代・医療費に使います、との事。
詳しくはHPで。
我が家も微力ながら、毎回少々の猫用フードをお土産に持ってきている。

突当り
通路突当りのドアは非常時以外
開閉禁止。

  反対側の2階右奥には、共同冷蔵庫や電子レンジが
  ある部屋がある。
2階右奥の部屋

  こちらには、他にペットシーツや
  ワンコ用食器類もある。
  雑誌や、パンフレット、トランプ等
  もある。

客室内に入ると玄関があり、正面にフローリングの通路がある。
左側に畳の間の客室がある。
客室内入口 客室内入口右側
トイレ入口&洗面所 トイレ
通路を進むと、右側に洗面所がある。
突当りのドアを開けると、トイレが
ある。
トイレは全自動式にリニューアル
されてた。
近づくと自動で蓋が空き、使用後に
自動で蓋が閉まり水が流れる。

ただし、便座の上げ下げは手で行わず、
リモコン操作してください、との事。
手動で行うと、故障の原因となるようである。
宿の方も、これだけは説明をしてくれた。
トイレリモコン他 トイレ説明

客室内は、左側に押し入れ、TV、クローゼットがある。
畳の間の中央には、大きなテーブルが置かれており、脇に座布団がある。
こちら角部屋なので、正面と右側に大きな窓もある。
右奥には、大きなサークルも置かれている。
壁の天井付近にはエアコンがある。
こちらも、換気ができるタイプにリニューアルしたそうだ。
客室内 新エアコン

タオル
テーブルの上にフェイスタオルがあり、
記念にお持ち帰りください、との案内もある。
犬連れ案内

「楽しいわんこ旅のために」と
書かれた案内もあるが、
前回投稿時と微妙に変更されて
いた。
通常の物であるが、
マナーは守りたいものである。
以前宿の方と雑談した際には、やはりマナー悪い人も
いるようである。

少々部屋で寛いだ後、ユキとドッグランへ向かう。
食堂の奥の窓が、ドッグランの出入口である。
正面にウッドデッキがあり、サンダルも置かれている。
ドッグラン出入口 ドッグラン用足拭き&ウンチ袋
サンダルに履き替え、デッキへ出ると、右側のトレイに足拭きタオルと、
ウンチ入れ用のビニール袋が置かれている。
ちなみに、下側が利用後のタオルを置く場所。
(宿出入口玄関脇も同様)

ウッドデッキの先には、シッコ洗い用の水の入ったジョウロとウンチ入れがある。
ユキは、こちらのドッグランはとっても大好きである。
ただ、やはり最初は様子見でウロウロ。
写真の右奥に、網のあるデッキがある。
ジョウロ&ウンチ入れ にゃんこデッキの前ウロウロ
こちらは宿の方の部屋で、その前に猫用のデッキを造ったとの事。
なので、時折宿の猫が出てきてウロウロする事もある。
(猫部の猫でなく、宿に住んでる猫)

その周囲には、様々な木々もある。
こちらも宿の方が植えたものである。
最初の投稿時には無かったが、少しづつ植えていったそうだ。
実のなる物が多く、こちらの採りたての実を料理やドリンクに使う事もある。
それらも楽しみのひとつである。

その後、ユキはアヒル小屋の前をトコトコ歩く。
以前のようにアヒルに興味を示す事もないようである。
アヒルの檻も、前回投稿時よりも大きくなっている。
アヒルさんの前トコトコ ウッドデッキのベンチが喫煙所 ウッドデッキから見た宿
ウッドデッキの奥にあるベンチが喫煙所である。
こちらで、ゆっくりとユキの歩く姿を眺めながらのビールも美味しい。
デッキからは、宿の白い壁や部屋の窓も見える。
老犬になったユキはダッシュはしないが、ひたすらウロウロを楽しむ。

1階通路突当り 1階通路左側
ドッグランを楽しんだ後は、部屋へ戻り、
温泉を楽しみに行く。
1階奥の通路を進むと、突当りに共用の
トイレがある。
そこを左に進むと、お風呂の入口が
見える。
こちらのお風呂は、貸切用が2つある。
時間貸し制でなく、空いていれば入れる
方式。
なので、今日の様に2組の宿泊だと、
どちらかには入れる。

奥の突き当りにあるのが、まめ吉の湯。
手前右側にあるのが、にこ丸の湯入口。
まめ吉の湯入口 にこ丸の湯入口 にこ丸の湯脱衣所 にこ丸の湯洗い場
にこ丸の湯浴槽
とりあえず、まめ吉の湯に入る予定なのだが、
その前に、にこ丸の湯の写真撮影。
中に入ると、脱衣所があり、右側ドアの先に
お風呂がある。
中は、左側に洗い場が2つ、右側に浴槽がある。
右奥からは、源泉掛流しの温泉が流れ出ている。
こちらは、まめ吉の湯よりも、やや小さな浴槽である。

写真撮影後に、まめ吉の湯へ向かう。
入浴中
入口ドアの入浴看板を
「あいてます!」から「ただいま入浴中」にする。
中に入ると脱衣所がある。
鏡の前には、人間用のお手入れグッヅもあり、下には扇風機もある。
奥にはサークルがあり、こちらまでワンコを連れてくることができる。
その横に、人間用の脱衣籠がある。
まめ吉の湯脱衣所 まめ吉の湯脱衣所 まめ吉の湯浴室ドア まめ吉の湯洗い場
まめ吉の湯浴槽
まめ吉の湯窓の眺め
右側には浴室のドアがあり、犬禁マークもある。
浴室内に入ると、左側に洗い場が2つある。
右側に浴槽があり、にこ丸の湯よりも広い浴槽がある。
こちらは、2人で入ってもゆっくりできる。
でも、1人だと足も伸ばせ、もっとゆったりできる。
右奥からは、源泉掛流しの温泉も出ている。

こちらは、結構熱いお湯が流れ出ている。
なので、夕方よりも夜の方が、かなり熱くなっている。
窓際にかき混ぜ棒もあるので、これでかき回すのも中々。
窓の外の眺めも、フェンスはあるが、ソコソコの物。
伊豆高原も色々な宿を経験しているが、源泉掛流しで循環無しの宿は、
中々無い事が多いので、こちらのお風呂は結構嬉しい。

で、やはりお湯に浸かると、とっても心地良い。
無色透明なのだが、やはり源泉掛流しの温泉は快適である。
旅の疲れもとれる感じである。
お風呂の窓を開けると、ちょっと露天風呂気分も味わえる。
お風呂を楽しんだ後は、部屋へ戻りビールを飲み、まったりと過ごす。
まったり 食事時間案内
椅子にリードフック
夕食の時間になり、食堂へと向かう。
食堂の入口には、食事の時間の案内もあるので安心。

食堂に入ると、宿の方に我が家用のテーブルに
案内される。
テーブルでなく、椅子にワンコ用のリードフックがある。
そちらに、ユキのリードを繋ぐ。


本日のMENU
テーブルの上には、我が家用の夕食メニューが置かれている。
さらに中央には、お楽しみの金目鯛のしゃぶしゃぶセットが
置かれている。
こちら、オプションの料理である。
やはり、伊豆名物の金目鯛を楽しめるのは嬉しい。
宿により、金目鯛も様々な調理方法もあり、それぞれの特徴を
楽しむ事ができる。
金目鯛しゃぶしゃぶ しゃぶしゃぶ
鍋のお湯が煮えてきたら、野菜類を入れた後、金目鯛の切り身をしゃぶしゃぶ。
良い具合になったら引き上げ、特製のタレにつけて頂く。
いっぱい遊んで疲れたね
う〜んとっても美味しく、感激の極み。

ユキは、テーブルの下でまったり。
いっぱい遊んだのでお疲れだね。
テーブルの下は広いので、ゆっくりできるね。

その後、こちらの名物のじゃがいものピザが来た。
前回投稿時は、3人前の大きさだったが、
我が家もちょっと少食になり、特別に2人前で作って頂いた。
ピザの耳のスパイスが無い部分をピザカッターで切り落とし、
細かくすると、ユキのオヤツにもなる。
中央の美味しい部分をピザカッターで切り分け、人間も美味しく頂く。
じゃがいものピザ(2人前) 地魚のカルパッチョ
次に、地魚のカルパッチョが来る。
こちらのサラダ部分は、大室温泉で水耕栽培されたレタスである。
これが、いつ食べても、とってもフレッシュで美味しい。
地魚は、その時々の季節の魚なので、季節により違った物を味わえる。

次に、ペンネボロネーゼが来た。
こちら最後のメインの肉料理となるのだが、
やはり毎回色々と趣向を凝らしてくれている。
なので、色々な料理を楽しむ事ができる。
今回我が家は、少な目でお願いしていたので、小鉢風になっているが、
通常の規模であれば、もう少し大きく、豪華風であると思われる。
ペンネボロネーゼ あひたまプリン
食後は、デザートの「あひたまプリン」。
こちらも、かわいい器に盛り付けられ、美味しく頂ける。

前回投稿時の「わんこinバー(通称バータイム)」は、
その後も色々と楽しませて頂いた。
地元のお酒やワインを持込すると喜ばれるようである。
だが、ここ数年の新型コロナの対策の為に中止していたのだが、
コロナが終息してもそのまま中止の方向で予定しているそうだ。
ただリピーターやイベント開催時には開催も検討するとの事。

そのままドッグランで、シッコを兼ねたお散歩。
部屋へ戻り、お布団を敷いて、まったりと過ごす。
やっぱり夜に、源泉掛流しの温泉を楽しめるのは最高である。

ユキは、お布団脇に専用のタオル類を敷いて、就寝。
人間も、まったりした後就寝。
お布団敷きました お休み〜


翌朝は、夕食と同じ場所で朝食を頂く。
朝食は、パンがメインの洋食である。
パンも3種類あり、それぞれに色々と楽しめる。
また、おかずもパンと一緒に美味しく頂ける。
朝 食 セルフドリンク
ドリンク類は、壁側のカウンターでセルフ。
水や、ホットコーヒー、オレンジジュースがある。
それらを入れた後に、テーブルへと運び、料理と共に美味しく頂く。
その後、温かいスープや、ハーブティがやってくる。
とっても有意義な朝食である。
オレンジジュース&コーヒー スープ ハーブティー

遊ぼうよ
その後、ドッグランでユキと一緒に遊ぶ。
雨は降っていなかったが、夜の雨で濡れているドッグランで、
ユキと一緒にたっぷりと遊んだ。

その後、部屋へ戻り、再びまったりと過ごす。
何度来ても、たっぷりとワンコと一緒に、楽しめる宿である。
人気の宿である事が実感できる。
ただ、やはりそれなりのマナーは守りたいものである。

利用者シゲちゃん さん利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日 2015.01
1月中旬の天気の良い土曜に宿泊。

「犬とゆく」右下の「楽天トラベル」のバナーから予約。
以前から泊ってみたかったのだが、結構週末は予約でいっぱいの人気の宿である。
1月は比較的空いてるようで、予約できた。

我が家のカーナビに電話番号や住所を入力すると別の宿が表示された。
一部のネットの地図でも別の宿が表示された。
「犬とゆく」で調べてみたら、以前ここに「アルバートハウス」があり、
2014.4に閉店してるようだ。
なので、そのままカーナビの目的地をセット。

宿の案内と別のルートを表示したが、カーナビの案内で無事到着。
狭い道を進み道路沿いに宿の看板が見え、建物の正面に駐車場があり車を停める。
宿の看板 宿正面
荷物を降ろし宿の玄関に入ると、中から宿の御主人が出て来てくれた。
玄関の脇にタオルがあるので、ワンちゃんの足を拭いて入館ください、との事。
 
玄 関  
靴は下駄箱の好きな場所に入れて下さい、との事で指示通りにする。
館内側から見た玄関 1階通路
スリッパに履き替え後入館し、そのまま1階通路を進み右手にある部屋へ入った。
中は食堂であり、こちらのテーブル席に着きチェックイン手続き。
食堂内は広く、大き目のテーブルが間も広く配置されている。
手続き中にウェルカムドリンクが、生ビール・ウーロン茶・お茶等選べるとの事で、
生ビールとウーロン茶を頼んだ。
ウェルカムドリンクが来て、早速乾杯!
生ビールのウェルカムドリンクは嬉しい限りだ。
食 堂 ウェルカムドリンク(生ビール)
館内案内
その後館内案内を渡され、館内の説明を受けた。
夕食は、この食堂で18時、朝食は8時、ワンコはリード着用で。
ドッグランは、食堂から直接出れて、24時間利用可能。
出る時は鍵を開けて出て、入る時には鍵を掛けるのを忘れずに。
懐中電灯も脇に置いてある。
夜のワンコのしっこも楽なようだ。
ウンチ袋、ウンチ入れもあるので、ご自由に利用して下さい。
館内に戻る際には、犬の足拭きタオルがあるので、それで拭いて下さい、との事。
食堂から見たドッグラン フリードリンク
その後、部屋へ案内される途中で色々と説明を受けた。
まず、食堂入口脇に紅茶やお茶のフリードリンクがあり、下にカップがあるのでご自由に。
1階通路の右側の奥にお風呂が2つある。
こちらのお風呂は時間制貸切スタイルではなく、空いていれば好きな時間に入れる。
入口に看板があり、裏表で「あいてます」「入浴中」となっており、「あいてます」の
お風呂に入って、看板を「入浴中」に替えて中の鍵を閉めて下さい、との事。
お風呂は2つあり、15時〜23時、6時〜9時半までのようだ。
1階奥のお風呂 お風呂入口 2階への階段
その後玄関方面へ向かい2階への階段へ向かう。
通路の脇に冷蔵庫があり、これは販売用の物。
料金表が貼られており、良心的な価格に設定されている。
冷蔵庫の上に料金入れがあり、そこに自己申告で料金を入れる。
今まで不正も無かったようだ。
籠もあるので、それに入れて部屋まで持って行ける。
お菓子も売っていた。
近くにコンビニ等も無く安いので、結構人気らしい。
販売用冷蔵庫 冷蔵庫の上
階段を上がり2階に上がると左右に通路があり、宿泊部屋がある。
我々の部屋は右側なので、そちらへ案内される。
通路突当りの右側に共用の冷蔵庫と電子レンジがあるので、ご自由に。
そこにワンコ用食器やペットシーツ等わんこグッヅもある。
その向かいにはパンフレット等も置かれていた。
2階通路左側 2階通路右側 共用冷蔵庫・電子レンジ パンフレット
部屋へ入ると玄関がありスリッパを脱ぎ中に入る。
中には和室が見えた。
我々の部屋は角部屋であり、奥に窓が2ヶ所見えた。
 
部屋の入口  
中央に和風角テーブルと座布団が置かれていた。
テーブルの上にフェイスタオルがあり、是非記念にお持ち帰りください、との事。
室 内 タオル
座布団は青いのが人間用で、ピンクのがワンちゃん用です、との事で座布団大好きな
ユキは早速お気に入りで使っていた。
その後、宿の方は戻って行った。
犬用座布団 ワンコグッヅ 押入れ、TV、クローゼット
室内には布団が収納された押入れ、地デジTV、クローゼット、エアコン等がある。
ワンコグッヅはペットシーツやコロコロ、消臭剤等がある。
部屋の窓からは、宿のドッグランの姿か見える。
その先は林の様になっており、他の建物や海は見えない。
部屋からの眺め
テーブルの上には犬用のフリーペパーと犬連れに対する案内があった。
 
犬連れ案内  
館内はお風呂以外全て可、布団も一緒可のようだ。
ただ、粗相関連は必ず連絡との事だ。
フリーペパー、犬連れ案内
部屋で少々寛いだ後、ユキとドッグランへ向かう。
ドッグランでユキは嬉しそうにダッシュして遊ぶ。
ドッグランからは宿も見え、2階の客室の窓も見えた。
1階の食堂の脇にウッドデッキがあり、ココでゆっくりする事もできる。
喫煙は、このウッドデッキのみで、他は禁煙。
ちょうど日没の時間で、ドッグランの先にサンセットが見えた。
ドッグランから見た宿 ユキもダッシュ ウッドデッキ サンセット
ドッグランの端にアヒルの小屋があり、ユキがとても気になっていた。
アヒルが3匹いて、ユキはアヒルさんと遊びたがってるようだ。
檻の脇に中位の石が並べられているが、宿の方の話によると、やはり他のワンコも
アヒルと遊びたがって、檻の脇の土を掘ってしまうそうで、その対策として石を並べたそうだ。
どうやら、ユキもその類かも知れないかな。
アヒルの檻 アヒルさんこんにちは
ドッグランで遊んだ後、部屋へ戻りユキを置いてお風呂へ向かう。
一番奥のお風呂の入口の看板を「入浴中」にして中へ入る。
中は玄関になっており、スリッパを脱ぎ暖簾をくぐり中へ入り入口の鍵を掛ける。
中の脱衣所は、貸切風呂なので、あまり広くはないが結構奇麗である。
ワンコ用のケージも置かれていた。
我が家は交代でユキを部屋に残して来てるので利用しなかった。
お風呂入口  脱衣所 浴槽入口
 
洗い場  
浴槽の入口には犬禁マークがあり、中は犬は入れないようだ。
中に入ると、左側に洗い場が2つある。
右側に湯船があり、源泉掛け流しの湯が右の角から流れていた。
湯 船
お風呂の湯は、ちょっとぬるめだった。
後から聞いたら、熱い湯を結構ぬるめにするお客さんもいるそうだ。
お湯が出ててるので、食後に入ると熱くなってるかも。
お風呂は無色透明、若干の硫黄臭。
さすが源泉掛け流し、ゆっくりとでき旅の疲れも取れそうだ。
お風呂から上がって部屋へ戻り、食事の時間まで、まったりと過ごす。

食事の時間になり、食堂へと向かう。
食堂へ入ると、我々のテーブルへと案内された。
テーブルの上の箸置きが、可愛かった。
そして大きな刺身の舟盛りがテーブルの上に置かれていた。
箸置き 刺身の舟盛り
リードフックは椅子の後ろ側にあり、そこにユキのリードを繋ぐ。
リードフックの着けられてない椅子もある。
大きな4脚のテーブルなので、下広くユキも普通に歩けた。
乾杯用の酒
椅子の後ろにリードフック テーブル下のユキ
その後宿の御主人が正月(小正月)なので、乾杯用のお酒は「越乃寒梅」で。
との事で、お酒用のグラスに注いでくれた。
皆で乾杯し、お酒をいただく。
宿の方が刺身の説明もしてくれた。
今日のメインはホウボウの刺身で、お頭付きの姿造りになっていた。
他にもサザエの刺身が新鮮でコリコリと美味しかった。
乾杯のお酒の後には、生ビールとウーロン茶を別注。

テーブルの上にはメニューがあり、これからコースの料理が出てくる。
まず、「鮭のハーブパン粉焼き」が来た。
鮭の切り身がカラッとハーブパン粉で焼かれており、とっても美味しく頂けた。
付け合わせも結構いける。
次に、「じゃがいものピザ」が来た。
中々珍しい4角形の形のピザで、本当にじゃがいものみ。
上にハーブが散りばめられており、これも美味しい。
後で聞いた話だが、隅っこはワンちゃんにも食べられるようにスパイス等が
掛からないように配慮をしているそうだ。
鮭のハーブパン粉焼き じゃがいものピザ 地魚のカルパッチョ
次に、「地魚のカルパッチョ」が来た。
魚の種類も聞いたが、忘れてしまった。
これも美味しかった。
さらに、付け合わせのサラダが、大室温泉で水耕栽培された物で、温泉を
野菜でも楽しめるとの事。
これも、とっても美味しかった。
次に「ラザニア」が来た。
ミートソースたっぷりで、チーズの焼き加減も良く、とっても美味しい。
ビールをたっぷり飲んでいても、全部食べれてしまった。
どれも、作りたての料理なので、とっても満足。
ラザニア あひたまプリン
最後にデザートの「あひたまプリン」が来た。
宿の外にいたアヒルの卵で作った物で、新鮮でとっても美味しい。
コーヒー・紅茶はセルフでいただいた。

メニューの最後に、わんこinバー(21:30〜22:30)にご来店なさる方は、
夕食後までにお声がけください。
と、あったので、お願いして、ドッグランで少し遊んだ後、部屋へ戻った。
布団敷きました

部屋へ戻り布団は自分達で敷く。
ユキもいつものマットとタオルの上で寛ぐ。
少しまったりして、お風呂へ入ると結構熱めになっていた。
たっぷりと温泉を堪能できた。

部屋で寛いだ後、わんこinバーの時間になり、再び食堂へ向かう。
宿の御主人夫妻と他のお客さん1組、そして我々とでの飲み会となった。
それぞれ好きなドリンクを注文し、おつまみはちょっとした物のみ。
お酒で歓談をする場所である。
宿の看板犬達も連れて来て、皆でワンコ談義。
わんこinバー 抱っこされました
宿の御主人達も様々な犬連れ施設等を利用してみて、こんな宿をやってみたいと言う感じで、
こちらの宿を始めたのだそうだ。
以前の「アルバートハウス」の施設と電話番号も、そのまま譲り受けたそう。
屋号も使っていいよ、と言われたそうだが、やはり新しい屋号で始めたかったので、
今の「にこまめち」に替えたのだそうだ。
御主人達も結構な酒好きで、お客さんとゆっくりワンコ談義をしたくて、食堂の片づけが
終わったこの時間にわんこinバーを開催し、結構人気のようである。
結構楽しい時間を過ごせる場であった。

楽しい時間を過ごした後部屋へ戻り、少し寛いだ後就寝。


遊んでよ
翌朝はお風呂に入って少し寛ぎ、朝食の少し前にユキとドッグランで遊ぶ。
その後朝食の時間になり、そのまま食堂へ入る。
朝食はパン主食の洋食料理。
パンは余ったら持帰り可との事だが、結構美味しく全部食べてしまった。
茹で卵も宿のアヒルの卵で、とっても新鮮で美味しかった。
スープも途中で持って来てくれて、野菜たっぷり煮込んだスープで美味しい。
食後にはハーブティも持って来てくれた。
朝 食 朝食のスープ ハーブティ
朝食を堪能した後、またドッグランでユキと遊ぶ。
宿の女将さんもワンコを連れて来て、一緒に遊んだ。
その後部屋へ戻り、チェックアウトの時間まで、まったりと過ごした。
ダッシュ! 宿のワンコと遊ぶ あ〜疲れた
中々ワンコに親切で寛げる宿であった。
リピータも多く、部屋を指定するお客さんもいるそうだ。

管理人へのメッセージ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  

保護犬・猫宿泊料半額
シゲちゃん さん
(2018-01-29 22:52:44)
昨年から保護犬・保護猫の為の活動を始めたそうです。
その一環として、保護わんこ・保護にゃんこの宿泊料金を半額にしたそうです。
予約時に申し出ください、との事。
詳しくはHPをご覧ください。


***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)

旅行の予約

パソコン、周辺機器、ソフト

アフィリエイト

アフィリエイトのアクセストレード

System Counter 2005.3.6 〜 5,971,909


Page Counter 2022.1.1 〜  173


inu-to-yuku System V0.23