更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2020年12月 25日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
↓迷子になったらこのバナー↓

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
MERCI0823
TEL 0557−53−4550
住所 静岡県伊東市池 614-151
交通 このあたり
伊東の街中から海岸線を走るR135を南下し、伊豆高原駅付近を
少し過ぎると、「中大見口」信号を右折レーンから右折し、
県道112を大室山方面へ進み信号が見えたら右折
その先住宅街を過ぎると、「伊豆高原分譲地 南大室台地区」の看板が見えるので
左折し、別荘地を進んでいく(南大室桜並木通り)
その先は、ちょっと複雑なので説明しづらい
「伊豆高原分譲地 南大室台地区」
の看板
看板拡大 南大室桜並木通り
料金 13,500円〜 /人  1頭目:¥1,500/1頭、2頭目より:¥1,000/1頭 /犬
関連ページ こちらのHP   https://www.merci0823.com/   (2021.06)
    じゃらんでの紹介  https://www.jalan.net/yad380756/
 
利用者シゲちゃんさん利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日2021.03 
3月中旬の薄曇り空の土曜に宿泊。
犬とゆく右下の「じゃらん」のバナーから予約。

何回も伊豆高原に遊びに来ているが、南大室台と言われる場所での
宿泊は初めてである。

カーナビの案内で、南大室桜並木通りを進んで行く。
この地区にも桜並木がある事を知らなかった。
ただ、桜はまだ咲始めと言った感じであった。
大室山も見え、別荘地を進んで行くが、結構複雑な場所を進んで行く。

カーナビの案内で、無事到着。
通り沿いにはツツジが植えられており、奥の方に駐車場が見えた。

先客の車があったので、その隣に駐車。
荷物を降ろし、宿の入口へ向かう。
通りから見た宿 宿正面 宿入口
宿の入口前に行くと、左側の低い塀の上に灰皿が見えた。
こちらが喫煙所の様である。
右側の角には、ワンちゃん用うんちボックスが置かれていた。

ワンちゃん足拭き
傘立て等
中に入ると、風除室になっており、左側にワンちゃん足拭きがあった。
上が未使用で、下側に使用済みを入れるようである。

右側には、傘立てがあり、じょうろも置かれていた。
その脇には、パンフレット置き場もあった。

風除室から中に入ると、結構広めのロビーが見えた。
スグに宿の方が来てくれ、館内に案内してくれる。
ロビーの左脇には、小さな椅子があったので、そこに座りユキの足を拭く。
その後、館内用のスリッパに履き替え、館内に入る。
館内は、ワンコリードで移動可。
ロビー ロビー右側に受付
ロビー右側に受付があり、そちらでチェックイン手続き。
その後、ロビー左奥の応接ソファーの様な場所に案内される。
簡単な館内の案内や、女性の方限定の無料アロマトリートメントの説明。
そして、枕の選択。
枕は3種類あり、固め・普通・柔らか目から選べるようだ。
それぞれ、好きな硬さの枕を選んだ後に、我が家の荷物を持ってくれ、
部屋へ案内して頂く。

ロビー奥正面の階段付近へ進む。
階段手前の右側には、1階のトイレがある。
数段の階段があり、上った先にはレストランがある。
階段周辺 レストラン内
レストランは、ワンコ同伴可。
中は、結構広い感じで、席の間隔もあるようだ。
この日の、客層に合わせて、テーブルが配置されている。

レストラン脇の階段を上がって行くと、2階の踊り場になる。
踊り場の先には、大きな窓があり、小さな休憩スペースがある。
2階踊り場
小さな丸いテーブルの上には、ドリンクのオブジェがあった。
外を見ながら、ゆっくりできそうだ。
2階踊り場 2階踊り場窓から見たドッグラン
その窓から、外を見るとお庭が見える。
あそこがドッグランですよ、と案内して頂いた。
左側客室通路
窓と反対側の館内奥へ向かう。

突当りにお風呂がある。
こちらは、貸切風呂のシステムである。
左側に小浴場、右側に大浴場があるとの事。
本来は空いていればフリーで入れるシステムなのだが、
新コロナ対策で、通常1日4組なのだが、
3組のみの予約になっており、全てのお客さんが夕食前に、
お風呂に入り綺麗にして頂くとの事。
夜は、空いていれば自由に貸切との事。

前のお客さんの後に、我が家も予約しホワイトボードに記載。
お風呂入口 右側客室
お風呂の左右に客室がある様だ。
こちらは、4室あり洋室2部屋、和室2部屋あり、右側に洋室があるようだ。
我が家は和室なので、数段階段を上った左側へ案内された。
部屋へ案内された後、我が家の荷物を置いて頂き、特に説明も無く、
宿の方は、戻って行った。

客室入口に入ると、正面に洗面所が見えた。
その下に、ワンコグッヅやゴミ箱が置かれていた。
洗面所の横にドアがあり、開けるとトイレであった。
ウォシュレット&ウォームレットである。
客室入口 洗面所 トイレ
その横から中に入ると、客室が見えた。
窓際に広縁があり、仕切に障子がある。
その手前に四角い琉球畳の間があり、大きなテーブルと座椅子がある。
壁側には、TVがあり様々な装飾や館内電話もある。
和室なのだが、HPでは『アジアン』な雰囲気の和室との事。
客室内
壁の右側にはクローゼットがある。
その上にはエアコンが設置されている。
窓際の広縁はカーペットの上に小さなテーブルと椅子が2つある。
懐かしの温泉宿風であるが、こちらは元々企業の保養所だったようである。
広縁の右奥には冷蔵庫があった。
こちら、中は空である。
広 縁 冷蔵庫
広縁の窓から外を眺めると、周囲の深緑の自然が心地良く見える。
窓からの景色
お茶セット
大きな通りからも離れた別荘地なので、静かな雰囲気である。
海は見えないようだ。

テーブルの上のお茶セットの中にはコーヒーもあった。
急須で入れる感じではない。


しばし部屋で寛いだ後、ユキのお散歩。
周囲は別荘地なので、車や人も少なく、自然も多く快適。
お散歩を終え、ドッグランへ向かう。
入口はシングルの扉で、周囲は結構高めのフェンスで囲われている。
ドッグラン
あまり広くは無いので、ユキはダッシュせずドッグラン内をウロウロ。
起伏や植木があるので、小さなワンコだと色々と遊べそうだ。
ユキは、あまり遊ばないので、そのまま宿の前のお庭を散策。


お散歩を終え、部屋で寛ぐ。
お風呂の予約の時間に、交代で向かう。
とりあえず、左側の小浴場を覗いて見る。
数段の階段を上るとドアがある。
小浴場入口 お帰りの際はドアを開けて

ドアには、

お戻りの際はドアを開放した位置にお願いします。
ご入浴中はカギをかけてください。

との案内があり、宿の方の説明の通り。


中に入ると脱衣所がある、
右側には洗面所があった。
小浴場脱衣所 小浴場
さらにドアの先に、小浴場が見えた。
右側に洗い場が2つあり、奥の窓際に浴槽がある。
なるほど、と言った感じで右側の大浴場へ向かう。

こちらもドアの先に脱衣所があり、小浴場よりも広め。
左側に洗面所があり、右側に脱衣場がある。
 
大浴場脱衣所  
ドアを開けると、左側に洗い場が4つ。
大浴場洗い場 大浴場
右側の窓沿いに浴槽があった。
やはり結構広い感じである。

お湯は無色無臭だが、やはり温泉は快適である。
奥の壁沿いに、掛け流し用のお湯の出口があった。
循環ろ過も見受けられたので、源泉掛け流しとの併用の感じである。
ま〜温泉は最高で、旅の疲れを癒すことができて嬉しい限りである。


その後、しばし部屋でまったりと過ごし、夕食の時間にレストランへ。
繋がれたよ
もちろん、ユキも一緒。
宿の方に、我が家の席へ案内していただく。
リードフックの類が見当たらなかったので、テーブルの脚にリードを繋ぐ。
テーブルは大きく4本脚なので、ユキも広くスペースを使える。

その後、料理を持ってきてくれた。
前菜の盛合せ、刺身の盛合せ、野菜スティックや煮物が、
トレイに乗せられており、とっても美味しそうである。
メインが、金目鯛とブリのしゃぶしゃぶ。
宿の方が鍋用のコンロに火を点けてくれ、煮立ったら具材を
入れていき、お魚をしゃぶしゃぶして、食べてくださいね、との事。
夕食 金目鯛とブリのしゃぶしゃぶ
別注ドリンクで乾杯し、料理を美味しく頂く。
少しづつ色々な物が食べられる感じが嬉しい。
鍋が煮えてきたので、魚をしゃぶしゃぶして頂く。
写真は湯気で曇ってしまった。
こちらも、美味しく頂くことができた。

次のメインの国産牛A4ランクのサーロインステーキが来た。
こちらも量が多くなく、柔らかくジューシーなお肉が美味しい。
サーロインステーキ 〆の雑炊
そして〆に鍋の残った具材で雑炊を作ってくれた。
宿の方が手際よくご飯等の具材を追加して、美味しそうに煮込んでくれた。
デザート
茶碗によそって頂き、雑炊を頂く。
これがまた、とっても美味しい。
鍋の中に、まだ残っているので、お代りもできる。

最後に、デザートを美味しく頂いた。


食後にユキのシッコを兼ねたお散歩。
宿の周辺には、他の宿も多数あり、結構明るい感じである。
静かな夜のお散歩を楽しめる。
宿の夜景 近所の宿
部屋に戻り、お布団とユキ用のタオルを敷いて夜を寛ぐ。
その後、温泉を堪能したり、夜を楽しむ。
その後就寝。
寛ぐよ お休み



翌朝もユキと一緒にレストランへ向かう。
朝食は雑穀米のご飯メインの和食。
様々なおかずを少しづつ色々と楽しむ事ができた。
朝食だよ

朝食後に部屋へ戻り、まったりと過ごす。
外を見ると大雨。
さて、雨のお出かけどうしようか・・・・
まったり 大 雨

まったり過ごした後は、受付でチェックアウト手続き。
中々寛げる宿であった。

管理人へのメッセージ



Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  
現在コメントはありません

***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)

旅行の予約

人間のファッション
雑貨など

パソコン、周辺機器、ソフト

アフィリエイト

アフィリエイトのアクセストレード

System Counter 2005.3.6 〜 5,806,552


Page Counter 2021.1.1 〜  163


inu-to-yuku System V0.22c