更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2016年5月 18日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
迷子になったらこのバナーをクリック

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
スパ&リゾート九十九里 太陽の里
TEL 0475−32−5550
住所 千葉県長生郡長生村一松3445
交通 このあたり
 京葉道路 千葉東JCTから千葉東金道路 東金IC出てR126を東(九十九里方面)へ
 東金九十九里有料をしばらく進み、終点を南(大原・勝浦方面)へ
 九十九里有料道路を少し進み、長生IC出て右折(海岸と反対)へ進むとすぐ右に見える

 アクアライン〜圏央道だと茂原長南ICもしくは茂原北ICからのアクセス可
料金 22,800円〜 /人  2,160円 (体重10kg以内の小型犬〜中型犬まで) /犬
関連ページ  こちらのHP http://www.taiyounosato.co.jp/
 楽天トラベルの紹介HP http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/84950/
 
利用者シゲちゃん さん当日利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日 2015.03 
3月下旬の天気の良いポカポカ陽気の金曜に宿泊。
犬とゆくの右下の「楽天トラベル」のバナーから、
「わんこと泊まる露天風呂付離れ 松風庵【禁煙】」の部屋タイプを
「千葉のおいしい食材deイタリアンフルコースディナー」の
プランで予約。

他にも様々なプランがあり、基本は本館で和食の食事タイプであるが、
イタリアンのコースは敷地内、「cafe椎の木」での食事である。
調べると、そちらにはテラス席があり、ペット可との事で選んだ。
予約時の備考欄にテラス席希望と書き加えた。

予約翌日に宿から予約の確認電話があり、色々と確認事項の連絡をした。
その際に、この時期ではまだ夜はテラス席は不可との事だった。
しかたなく了承。
だが、朝食はテラスの利用は可との事だった。


当日は、カーナビの案内で問題無く到着。

本館が奥に見え、手前に大きな駐車場がある。
離れの「松風庵」は駐車場の右側にある事を事前に調べていたので、
そちらに近い場所に車を停めた。
広い駐車場から本館前の敷地には段差がありフェンスもあった。
その間に歩行者用の通路を見つけ、本館へ向かう。
本館と広い駐車場 駐車場から本館への通路 本館正面
宿泊フロント
本館の正面へ向かうと、日帰り温泉の利用客の入口になっており、宿泊客のチェックイン用のフロントは左側との案内があった。
そちらへ行くと、フロントの看板があり、専用の入口があった。
そこを入ると、右側にさらに入口があり、玄関になっており下駄箱もあった。
下駄箱で靴をスリッパに履き替え館内に入る。
中にはロビーがあり、TVも置かれていた。
その左側にフロントがあり、チェックイン手続き。
フロント入口 ロビー フロント
チェックイン時に館内マップを使い説明をもしてくれる。
専用ロッカーのカギを一人一つ渡され、本館にはスパ施設があり、
時間内であれば好きな施設を利用できる。
また施設内での飲食等は、鍵に付いているバーコードで行ない、
チェックアウト時に精算する、との事。
ただし、本館を含め、ほとんどが犬連れ不可。
また我々のプランは食事が本館で無く、「cafe椎の木」であるので、
その場所の案内もしてくれた。
食事の時間も、この時に決める。

最後に犬のワクチン証明書と狂犬病予防接種証明を求められた。
ワクチンの証明は紙で渡し、狂犬病はタグを渡した。
それらを事務所に持って行きコピーを取ったようだ。

チェックイン手続き後に、宿の方が我々の宿泊部屋まで案内してくれた。
離れの「松風庵」へ向かう途中、専用の駐車スペースがあるとの事で、車を移動した。
荷物を降ろして、部屋へ向かう。
松風庵の入口は木の囲いがあり、入口が3つ程あり、中にそれぞれ離れがあるようだ。
その中の一つに案内してくれた。
中に入ると、周囲が小さな庭になっており、中央に木の橋があり先に一軒家が見えた。
我々の宿泊部屋である。
入口の扉
松風庵入口 宿泊部屋
入口に行くと、頑丈そうな扉があり、鍵が2つあるので、必ず2つとも施錠して下さい、との事。
中に入ると玄関があり、スリッパに履き替え部屋へ入る。
その右側にベッドルームがあり、小上がり畳風の場所に布団が敷かれていた。
さらに、玄関の脇に数段の階段があり、その先に和室があった。
和室の中央には温泉宿風の大きなテーブルがあり、お茶セットが置かれていた。
和室には布団が敷かれていないが、食事中に布団を敷いてくれる、との事。
その後特に細かい説明や犬に関する注意等も無く、宿の方は戻って行った。
玄 関 ベッドルーム 和 室
玄関の脇には水の入ったボトルとバットがあった。
ワンちゃんの足洗い用だ。
海岸までスグなので、砂を洗えるようにしてる様だ。
その上のサッシの脇にはタオルがあったが、特に犬用との案内も無く、
人間用のタオルと変わらない様だ。
冷蔵庫内
 
ワンちゃん足洗い   冷蔵庫
階段を上った踊り場には2ドアの冷蔵庫が置かれている。
冷蔵庫の中には小さな缶ビール・缶のお茶・お菓子が入っていた。
なんだろ〜と思っていたら宿の案内に、「冷蔵庫の中の物はご自由にどうぞ」
と書かれており、なんてスゴイんだろう〜、と思った。
和 室 露天風呂脇のテラス
和室で寛ぐと、TVが壁に掲げられていた。
外を見ると、サッシの脇に足拭きマットがあり、横に脱衣籠がある。
サッシの外には露天風呂があり、部屋からスグに出入りできる。
露天風呂は中庭風になっており、様々な植物が植えられており木の囲いはあるが開放的である。
建物側の壁の脇にはテラス席があり、事前の電話確認で喫煙の旨伝えておいたので、
小さなテーブルの上には灰皿が置かれていた。
お風呂の右側の壁には洗い場が1つあった。
露天風呂の上には屋根もあり、雨でも大丈夫そうだ。
露天風呂脇の中庭 露天風呂 露天風呂洗い場
洗面所
露天風呂への出入り口の右側には洗面所への入口があった。
ドアを開けると洗面所。
奇麗で清潔そうで、様々なアメニティも置かれていた。
その右側にはトイレがあった。
ウォシュレット&ウォームレットであった。
ドッグランへの通路 ドッグラン入口
年寄りがお風呂に入る間、ユキと隣にあるドッグランへ向かう。
我々の泊る松風庵とその隣のG館の間にドッグランへの通路がある。
先へ進むとドッグランの入口があり、中へ入る。
入口は結構立派な感じであったが、ドッグランの仕切りは、ちょっとした網の感じ。
しかも、低い網なのでユキの跳躍力なら飛び出しそう。
その奥には何か工事中の大きな鉄の壁があった。
ユキのリードを外すと早速嬉しそうにダッシュ!
向こう側には道路が見え、右側にはG館の建物も見えた。
 
 ダッシュ!
ユキとたっぷり遊んだ後部屋へ戻る。
まだ年寄りがお風呂を堪能してた。
ボクもお風呂の脇にいるよ
ユキと一緒にテラスでまったり過ごす。
その後、お風呂を堪能。

お湯は無色透明だが若干の硫黄臭。
お湯の注ぎ口からは淡々とお湯が出ている。
お風呂に入ると、湯船からお湯が溢れだす。
天然温泉との事だが、やはり心地良い。
ユキも湯船には入れないが一緒に過ごせるのも嬉しい。

その後しばし部屋でまったりした後、夕食の「cafe椎の木」へ向かう。
部屋から出てユキを車に待たせ、駐車場を通り抜けペンション棟を越えると見えてくる。
店内に入り、宿泊客である事を告げると、我々用のテーブルへと案内してくれた。
テーブルの上には、お品書きが置かれていた。
本日の夕食のコース内容が書かれていた。
お品書き
夜の「cafe椎の木」 食事テーブル
とりあえず、置かれていた食前酒で乾杯。
その後、前菜の5種盛りが来た。
その間別のドリンクを別注で注文、
部屋番号で付けられる。
乾杯用ドリンク 前菜の5種盛り
美味しく料理を頂き、次にムール貝のオーブン焼きが来た。
その次に、はまぐりのクリームスープが来た。
ただ、ちょっと料理の間が時間掛かるな〜とも感じた。
ムール貝のオーブン焼き はまぐりのクリームスープ
次にパンが来て、リゾットが来た。
パンはお代り可との事だが、主食のリゾット来てるし、って感じ。
さらに時間が空いて、魚料理として、真鯛と浅利のアクアパツァが来た。
魚もソースもとっても美味しい。
でも、食べ終わっても次の料理が中々来ない。
パ ン リゾット 真鯛と浅利のアクアパツァ
しばし待って肉料理の和牛リブロースのグリルバルサミコソースが来た。
これも肉が柔らかく香ばしくとっても美味しい。
でも、なんか待ってるだけでお腹がいっぱいになってしまった、
その後デザートも来て美味しく頂いた。
それから、駐車場で車の中で待ってたユキを連れ部屋へと戻った。
和牛リブロースのグリルバルサミコソース デザート
部屋へ戻ると先程寛いでいた和室に布団が敷かれていた。
ユキは寂しかったのか、ペロペロ攻撃。
その後落着き夕食を食べ終えて、自分のマットの上でゆっくりした。
和室に布団が敷かれていた 寂しかったの〜 落ち着いたよ
お休み〜
人間も、部屋でまったりと過ごす。
温泉が部屋のスグ脇にあるので、お風呂も気楽に入れる。
お風呂に入っていても、スグ近くなのでユキも安心。
夕食後の時間も、とっても心地良く過ごせた。
その後、就寝。


翌朝色々とゆっくり過ごした後、朝食の時間になり「cafe椎の木」へ向かう。
昨晩と同じ「cafe椎の木」だが、朝食ではテラス可との事でユキも一緒に行く。
正面から左側の道路沿いにテラス席があり、直接テラス席へ入った。
テラスに着くと、Cafeの方が店内からテラスへ直接来て、朝食の準備。
ユキはテラス席のテーブルの脚に繋ぐ。
「cafe椎の木」のテラス席 テラスに入ったよ テーブル下のユキ

食事のドリンクをコーヒーか紅茶から選ぶ。

まず大きな皿に入ったサラダが来た。
3人分が盛りつけられていたので、それぞれ取り皿に取り分けて食べる。
次にドリンクとスープが来た。
さらに焼きたてのパンが来た。
サラダ皿 スープ&紅茶 パ ン
パンも美味しかったのだが、ちょっとおかずが欲し〜な、
なんて思っていたら、しばらくしてから、おかずが来た。
ソーセージ、卵焼き等の普通の洋食。
最後にデザートとして、手作りのヨーグルトが来た。
おかず ヨーグルト
まったり
朝食後に、また徒歩で部屋へ戻り、まったりと過ごす。
料金もそれなりだが、中々快適な宿であった。



こちらの宿、一般の宿よりも宿泊施設や飲食場所が様々あるため、宿泊プランにより様々な形態があると思われる。
我が家も様々なプランから選択の一例です。

管理人へのメッセージ


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  
*現在コメントはありません*

***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

フード・犬具・服・etc・・・

POCHI/全品送料無料キャンペーン実施中!  

旅行の予約

 
 
 
 
 

人間のファッション・雑貨など

 

パソコン、デジカメ、メモリ

アフィリエイト

保 険




System Counter 2005.3.6 〜  4894894


Page Counter 2019.1.1 〜  9


inu-to-yuku System V0.12e