更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2016年5月 18日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
迷子になったらこのバナーをクリック

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
しっぽのおやど
TEL/FAX  0558−27−1322
住所 静岡県下田市須崎1339−4
交通 このあたり
 135号を白浜から下田に向かい、下田にちかい長い坂道を下り切った頃、
 須崎方面に(左に)曲がる三叉路があるので左折。道成に進み、クネクネの
 坂道を登りきった所にある信号を左折。
 後は道なりに進んで、右側にこちらの看板、パレスサイド(別荘地)の看板を
 探して右折。ゆっくり進んで行けば右側にあります。
料金 9,450円〜/人  小型 1,050円、中〜大型 1,575円/犬
関連ページ    こちらのHP  http://www.sippo.blue/
      じゃらんでの紹介  長いので省略
 
利用者シゲちゃん さん当日利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日 2013.03 
南伊豆の河津桜
3月上旬の平年並みの気温で、やや曇りがちの土曜に宿泊。
のuniさんの投稿や、HPの情報を元に犬とゆく右下
じゃらん」で予約した。
宿のHPにもあったのだが、ちょうど南伊豆町の河津桜祭り
に出かけた。
同じ時期でも人気で超混雑の河津町と違い、比較的混雑も
少なく結構堪能した後に、宿へ寄った。

そこから、カーナビの案内で爪木崎へ向かう道路を左側に御用邸のフェンスを眺めながら
進むと、右側に「パレスサイドヴィラ入口」の看板が見えた。
右側に宿が見えた

そこを右折すると、住民会私道である旨のアーチの看板が見え、
周囲は水仙の花が出迎えてくれていた。
そのまま道なりに進むと、右側に白い壁の大きめの宿が見えてきた。
壁の手前に、あまり広く無い駐車場があり、車を停めた。
「パレスサイドヴィラ入口」の看板 住民会私道である旨のアーチの看板
すると、宿の女将さんが下の道の方から出てきて、どうぞ入って下さい
との事で入口へ向かう。
若干の階段があり、それを進むと入口があり、その左上に宿の看板がある。
入口左側には犬用シャワーと、ウンチ入れがあった。
宿 入 口 犬用シャワー&ウンチ入れ 玄 関
玄関内へ入ると、左側に階段があり、その奥に下駄箱がある。
犬は、ここで足を拭いて入るが、汚れてる場合は外の犬用シャワーで洗ってから入るようだ。
喫茶ルーム
ユキは車を降りたばかりなので、そのままでもいいですよ、との感じで
あった。
その下に、使用済み犬用タオル入れもあり、その横に人間用スリッパが
置かれていた。
人間は、そのスリッパに履き替え、靴は左奥の下駄箱へ入れる。
犬足拭きタオル他 スリッパ&犬タオル入れ
奥にはガラスの戸があり、宿のワンちゃんのお出迎えもあった。
ワンちゃん達は結構大人しくしているようだ。
その先が喫茶ルームであり、そちらでチェックイン手続きを行う。
その後簡単な宿の説明があり、喫茶ルームのカウンター付近にインスタントコーヒーや
緑茶・紅茶のバッグあるので、ココからそれらを持って部屋のポットで楽しんで下さいとの事だ。
夕食と朝食は、この隣にあるレストランで、犬連れで可との事。
階 段
宿のワンちゃんのお出迎え コーヒー&お茶類
その後、部屋の鍵を渡され喫茶ルームを出て、階段を上がった場所の
部屋の場所の案内をされた。
階段を上り、部屋へ向かう。
我々の宿泊部屋は2階であり、その通路を進む。
部屋入口の奥の左側に、ちょっとしたテーブルがあり、そこに何かが
置かれていた。
そこにはコロコロや掃除機、犬用ゴミ入れ等の犬用グッヅが置かれていた。

2階の通路 部屋入口
廊下から宿泊部屋へと入る。
中は奥へ向かう廊下があり、右側に2つのドアが見えた。
手前のドアを開けると、ユニットバスがあった。
宿のHP等にも記載があったが、風呂は、このユニット
バスのみで、温泉等は無いようだ。
脇に洗面台があり、その横に様式トイレがある。
パット見では、ビジネスホテルのユニットバスの様である。
トイレは、ウォシュレット・ウォームレットではない普通の
トイレだが、冷たく無いように便座カバーがある。

ユニットバス ミニキッチン

その先のドアを開けると、ミニキッチンの
スペースであった。
小さな間取りの中に、シンクや大きめの空の
冷蔵庫、電子レンジが置かれている。
シンク上のスペースには、ポットや食器類が
置かれていた。
ベッドルーム

その先の入口を入ると、ベッドルームがある。
こちらの宿は、基本的に全ての部屋は2ベッドの部屋であるのだが、
エクストラベッドで、3人用にする事のできる部屋があり、今回は、
その部屋となった。
ベッドの先には丸テーブルがあり、脇に椅子が2つ配置されている。
その上には灰皿も置かれており、案内を見ると2階は室内喫煙可で、
3階はベランダのみ喫煙可。
それ以外の場所は禁煙であるとの事だ。

ペットお願い 館内案内
壁際には角テーブルがあり、小さなブラウン管のTVとそれに繋がれた地デジチューナがある。
さらにティッシュや館内案内が置かれていた。

館内案内には、時間に関する物や様々な案内がある。
ペットに関するお願いも大体は普通の物であるが、トイレに関する事柄が多いようだ。
客室以外は全てリードでOKで、周辺別荘地のゴミ箱は利用せず、宿のゴミ箱を利用して下さいとの事だ。
(客室はノーリードでOK)
客室内に、ワンちゃんだけを残さないで下さいとの事だ。

そして、外のベランダへ出ると、中々の眺めを堪能できる。
若干前の建屋の屋根が邪魔な感じもあるが、全ての部屋がオーシャンビューとの案内通りである。
写真では分りづらいが、薄曇りの空と海の間には、宿の案内にもある伊豆諸島の島々も薄ら見えた。
部屋からの眺め
晴れていれば、もっと奇麗に見えるのだろう。

ベランダ側から見た室内
ベランダ側から室内を見ると、ベッドの脇に小さなテーブルがあり、
その上には館内用内線電話と、目覚まし時計が置かれていたが、
後で気が付いたが時計の時間は狂ってたようだ。

ベッドルームから見たミニキッチン
奥には部屋への入口のドアがあり、その横にも小さなドアが見え、開けて見るとミニキッチンが見えた。

そして、しばし室内で休息。


その後、年寄りが風呂へ入る間、ユキと九十浜(クジュッパマと読むらしい)への散歩へ向かった。
宿の案内では、片道10分程との事。
ま、犬の散歩なので色々ウロウロしながら歩いて行く。
御用邸脇の道路を歩き、御用邸のフェンスが終了し海側に繋がる場所で九十浜が見えた。
そこから下へ下るちょっとした通路が見えたので、そこを歩いてみた。
左側に御用邸のフェンスがあり、小さな川の様な水路の様な場所に遊歩道が設置されており、
その上を歩いたり、山道の様な場所を歩いて行く。
すると、砂浜のある場所が見えてきた。
宿から大体20分弱位であった。

道路から見た九十浜 九十浜 九十浜売店

九十浜周辺を散策すると、海は美しく周囲の岩も幻想的な感じも醸し出していたのだが、
さすがにオフシーズンなので、砂浜にはゴミが多数あった。
それでも、波打ち際の砂浜はサラサラであった。
砂浜や周囲の岩場を散策後に、山側へ戻ると小さな売店が1件あったが、当然クローズ中。
その横に、上に上る舗装の道路があったので、上って行った。
結構な急坂で、とてつもなく疲れる道であった。

そうこうして散策を終え、宿へ戻る。
ユニットバスでお風呂に入り、その後夕食まで、しばしゆっくり待つ。


レストラン内
そして、夕食の準備が出来ると、館内内線で案内がきたので、
レストランへ向かう。
喫茶ルームの脇から中へ入ると、シックな店内にテーブル席が
いくつかあった。
リードフック レストラン入口方面

我々の席へ案内され、壁際に犬のリードを繋ぐ場所があるので、どうぞとの事。
ドリンク冷蔵庫
壁際にフックを繋ぐためのリングがあるので、そこにユキのフックを繋ぐ。
アルコール類のドリンクはレストラン入口右側に冷蔵庫があり、その中
から自由にセルフサービスで利用して下さい、との事だ。
グラス類 ドリンク利用簿
その向かいには、グラスや栓抜き等もあるので、それもどうぞとの事。
ソフトドリンクは、厨房で用意するので、ご注文下さいとの事。
さらに、テーブルの上にドリンクを利用した際に記入する紙があるので、
そちらへ「正」の字で利用した分を記入していって下さい、との事だ。

案内の後、冷蔵庫からビールを持って来て乾杯。
その後、料理がやってきた。
まずは、イサキのカルパッチョ。
さっぱりとした感じで、1品目として、さらっと食せる。
イサキのカルパッチョ サザエの壺焼き
次にサザエの壺焼きが来た。
こちらは濃厚で、ビールが進んでしまう。
ふと、壁を見ると、犬の人形がメニューの書かれたボードを持っていた。
メニュー
なるほど、コース料理になっているようだ。
1品毎に、食事の進行を見ながら料理を持って来てくれている。

次にスープとして、かぼちゃのポタージュが来た。
これも中々で、数口飲んだところで、フォカッチャを持って来てくれた。
これを、ポタージュに浸して食べて見て下さい、との事。
言われた通り、浸して食すと、これも中々の物である。

かぼちゃのポタージュ フォカッチャ

チキン
次にメインの肉料理である、チキンのメキシカンソースが来た。
ライスも一緒に来て、おかわり自由との事だ。
肉も柔らかく、ソースも美味である。
ご飯との相性も良く、ビールを飲みながらでも、美味しく
いただく事ができた。

最後に食後のデザートとして、ケーキとイチゴ、コーヒーが
来た。
これも、美味しくいただく事ができた。
確かに、全体的に品数は少ない感じもあるが、ビールを飲みながらでは、ちょうど良い感じであった。
少なく感じる人は、uniさんの様にオプション料理を付けるのも良いかも知れない。
(オプション料理は事前予約が必要)
テーブルの下も広いので、ユキもゆっくりとしていた。
ユキはテーブルの下 お休み〜
食後に部屋へ戻り、ゆっくりとした時間を過ごす。
辺りは、別荘地なので、とても静かである。
ユキはベッド脇の床にマットとタオルを敷き、その上で寛いで、そのまま就寝。
人間も、ゆっくりした後就寝。


翌朝は、朝食の時間まで、ゆっくりと過ごす。
海から上る朝日は雲が邪魔して見えなかったが、その雲の上から朝日を見る事ができた。
雲の上の朝日 お茶・コーヒー
そして朝食の時間になり、館内内線が来た後、レストランへ向かう。
レストランへ向かうと、昨晩と同じテーブルに案内された。
昨晩カップの置かれていた場所に、コーヒーやポット、ティーバッグがあり、セルフサービスで
飲み物をどうぞ、との事だ。
それとは別に、オレンジジュースか牛乳のどちらかを選んで、持ってきてくれるとの事。
朝食は洋食で、サラダ・ソーセージ・スクランブルエッグ、フルーツ、ヨーグルトと
サッパリした物である。
パンも焼きたてで、美味しくいただく事ができた。
朝 食 パ ン
食後部屋でゆっくりした後、チェックアウト。
レストランの近くまで行くと、看板犬君達が出てきて、ご挨拶かと思ったら、中へ行って
小さな声で、ワンと吠えた。
どうやら、お客さん来たよ!って呼びに行ってくれたみたいである。
その後宿の方が中から出てきて、チェックアウト手続きをした。

uniさんの投稿時と、値段も内容も、まったく変わらない感じであった。
若干違ったのは、オーナー1人では無く、2人で接客していた事か。
 
利用者 uni / 当日利用人数 2人+1犬(ゴールデン)+1猫 利用日 2005.09 
この建物は以前「天使のしっぽ」という宿泊施設だった。諸事情があり、名前が変わった。(でもオーナーは変わっていないと思う。)


九十浜の駐車場に朝の九時過ぎに着いたら、ちょうどオーナーさんが犬の散歩をしているところだった。昔から、忙しくても犬の散歩はする人だ。この時「今日は弓削さんたちだけですから、チェックインはいつでもどうぞ」と言ってくださった。


十二時半、宿に着き、まずうーにーを洗う。こちらには、犬を洗える施設がある。それが終わり一時半くらいにチェックイン。
その時、急にお客さんが入ったと伝えられた。オーナーさん一人で全てやっているので忙しそうだ。


建物そのまま。部屋は充分な広さがあり、バス・トイレ・キッチン付き。地下(一階?)には、犬洗い用のシンク、テーブル、専用ドライヤーが用意されている。宿泊客はチェックイン前に利用できる。

アメニティーの内容も変わっていないが「以前はここにロゴがあったと思うけど」と感じたことはあった。
晩ご飯は、天使のしっぽの時の方が「よく作っている」という感じだが、今の内容でも(この宿泊料金では)充分な内容だろう。(天使のしっぽの時に比べると料金が下がっている。)
量は多くはないが、メインがソース煮込みものだったので、これでご飯をいくらでも食べれそうという感じだった。
我が家は(巷の噂で量が少ないと聞いていたので)別に刺し盛りを注文した。二人で3,500円。これを注文しなくても夜中にお腹が減ってドライブを強いられるということはないなという感じ。食べるのに苦労したくらいだ。刺身の種類が多く飽きない。これにご飯にお酒だけでも充分かも。


夜、一階のパブリックスペースに降りて、オーナーさんに色々話を聞いた。そのとき、うーにーとまいすも連れて行ったのだが、うーにーはただただお休みしているだけ。まいすがウロウロすると、こちらのワンちゃんがベロベロと舐めまわしてくれる。猫が好きらしい。

朝食は、サラダ、ソーセージ、スクランブル・エッグが一皿に盛られ、果物が別皿、ヨーグルトのカップ、コーヒー or 紅茶はセルフサービスでお代わり自由、それとは別に飲み物が、牛乳とオレンジジュースから選べる。食事を始めると暖かいパンが出てきた。
よくあるタイプの朝食。


一人でやるようになって半年ちょっとなので、まだまだこれからという感じはあるが、全体的に評価して、この価格でこの内容は納得。欲を言わせていただければ、食事がレベルアップしてくれれば嬉しい。

うーにーがお気に入りの浜や散歩にちょうどいい公園もあるし、猫もOKなので、また利用することになると思う。


※オープン当初、B&B(部屋のキッチンで食事を作ることも可)をメインに考えて広告を出していたが、立地(近くに飲食店がない)を考えて、今は二食付を基本として営業しているとのことです。

管理人へのメッセージ
 


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  

行ってきました
ベキンコ さん
(2018-10-08 17:07:37)
お部屋の間取りは1Kの賃貸マンションみたいでしたが、広さは小型犬+夫婦2人でもゆったりです。オーナーご夫妻の優しさがとても印象的。お部屋からは朝日と海が見えました。お料理もおいしかったです。


プチホテルと言えます
Vega さん
(2006-05-04 22:37:08)
ペンションというより、プチホテルと言って良い造りでした。ペット宿としては十分な広さです。トリミングスペースがあるので、海遊びも安心。眺めも最高でした。大型犬にもオススメできます。


***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

フード・犬具・服・etc・・・

POCHI/全品送料無料キャンペーン実施中!  

旅行の予約

 
 
 
 
 

人間のファッション・雑貨など

 

パソコン、デジカメ、メモリ

アフィリエイト

保 険




System Counter 2005.3.6 〜  4894966


Page Counter 2019.1.1 〜  8


inu-to-yuku System V0.12e