更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2016年5月 18日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
迷子になったらこのバナーをクリック

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
晴レ屋
TEL 0558−27−3007
住所 静岡県下田市柿崎804
交通 このあたり
 伊豆の東側を走るR135を河津町から伊東市方面へ南下
 爪木崎のある半島の東側の付根の道路を海方向へ左折
 そのまま道沿いを進むと途中で左側に海岸線へ向かう道があり、そこを左折
 (海水浴シーズンは一方通行で進入禁止になる)
 そのまま進むと右側に青い建物が見える
 ちょっと奥に建屋が奥にあるので、ゆっくり走らないと通り過ぎるかも
料金 宿泊料金: 10,000円〜(消費税5%当時) /人  2,160円 (消費税8%対応価格) /犬
関連ページ   こちらのHP http://yado-hareya.com/
  じゃらんの紹介ページ  長いので省略    楽天トラベルの紹介ページ 長いので省略
 
利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日 2016.01
宿正面
基本的には、下記投稿と変わりは無い。
若干変更された箇所のみの投稿です。

宿正面の3階の色が青から薄茶色になっていた。
(2階と同じ色)
ロビー(喫煙可) ロビーテーブル上の灰皿
ロビーも禁煙シゲちゃん さん(2017.3.12)一口コメント
喫煙がロビーと外のみに変更。
ロビーも禁煙になってます。
外のみ喫煙可です。
その他全館禁煙。
ロビーのテーブル上に灰皿があり、そこで喫煙可。
脇にフリードリンクがあるのも変わらないので、ゆっくりできる。
フリードリンク 入口脇の喫煙所
外は入口脇に椅子があり、隣の小さなテーブルの上に灰皿がある。
隣にはワンコのウンチ入れ(^^)
右横にはワンコ用の洗い場も見える。
1階なので堤防があり海は見えないが、椅子に座っていると波の音が聞こえ、
心地良くまったりと過ごす事ができる。
さすが下田、1月の真冬の夜の外でも快適であった。

相変わらず海岸の砂浜の散歩や室内も快適であった。
海岸お散歩 部屋で寛ぐユキ


利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) 利用日 2014.03
宿正面
3月中旬の土曜の、比較的天気が良くポカポカ陽気だが、やや風の強い土曜日に宿泊。
「犬とゆく」の右下の「楽天トラベル」で予約。
案内には、犬連れ専用宿でなく、他のお客さんが犬嫌いの場合には断る場合もある、との事。

カーナビの設定で電話番号で検索できず、住所を入力。
その際に、「楽天トラベル」からの予約案内のメールに、
「カーナビでお越しの際は静岡県下田市柿崎805を検索」との案内があり、
その通り設定して、無事に到着する事ができた。


宿の建物が奥に見え、手前には青く塗られたスペースが見えた。
その入口脇には屋台の様な物も見え、海水浴シーズンに活躍しそうだ。
その横から車をバックで入れ、駐車した。
すると、宿の方が建物から出てきて出迎えてくれた。
車は、ここへ駐車して良いようだ。
1台しか停められないが、後で聞いたら、海岸沿いを進んだ先に駐車場があるそうだ。
宿入口 ロビー 犬グッヅ他
宿の入口の右側には2Fへ直接向かう階段がある。
宿へは1Fの入口から入る。
宿の入口と言うよりも、マリンショップの雰囲気がある。
中に入ると、奥にチェックインカウンターのあるロビーがあるが、こちらもショップの様な雰囲気。
中へ入り左側を見ると、大きなゲームマシンや、マリンレジャー等の合間に犬グッヅがあった。
タオルやウェットティッシュ、ウンチ取り犬用ゴミ箱等お散歩帰りグッヅがあった。
お茶等
犬用ゴミ箱 雑誌やおもちゃ
右側を見ると、棚に犬連れ雑誌や観光雑誌、おもちゃ等が置かれていた。
その横にはテーブルが2席ほどあり、その横にはお茶やコーヒーのコーナーがあった。
向かいにはカウンターがあり、大きなTVから映像が流れていた。
ここでチェックイン手続きを行なうのかな〜と思ったら、そのまま部屋へと案内された。
カウンターから先へ進むと、左側に部屋のドアがあり、中から犬の鳴き声が聞こえる。
こちらは、宿の看板犬の部屋であるのだが、知らない人や犬が来ると、スグに吠えるのだそうだ。
宿の方が、申し訳なさそうに、ココを通るとうるさくてスミマセン、との事。
通路を進むよ
カウンター 宿のわんこ部屋
その奥の通路を進むと、奥に突当りにお風呂がある。
この日は、他にお客さんがいないので、好きに入って良いそうだ。
HP等の情報によれば、チェックイン時に貸切風呂を予約する事もできるそうだ。
その横に2階への階段があり、上へと進んで行く。
2階には食堂があり、食事はこちらで犬連れ可との事。
反対側には2階の客室も見えた。
2階への階段 2階の食堂入口と階段 2階の客室
我々の部屋は3階なので、さらに階段を上って行く。
階段を上ったスグ先に、我々の部屋の入口が見えた。
ちょうど食堂の真上にある場所である。
反対側には3階の客室が見えた。
部屋入口 3階の客室 部屋へ入った
部屋へ入ると、玄関の先の大きな部屋があり、その奥にさらに部屋が見え、さらに奥に窓が見えた。
今回予約した部屋は、「絶景海一望和室20畳」なので、宿で一番広い部屋である。
部屋へ入って右側に下駄箱があり、靴をソコへ置く。
上には犬用グッヅも見え、ウェットティッシュや、ペットシーツ、ゴミ入れ等がある。
その反対側には洗面所がある。
下駄箱 洗面所 手前の部屋
奥の部屋
そこから、手前の客室には布団が畳んで置かれていた。
3人の利用なので、こちらを寝室として利用するようだ。
奥の部屋は、温泉宿の雰囲気を醸し出している。
この雰囲気だけでも、普通の一部屋の客室の様である。

宿の方から、部屋の布団はご自分で敷いて下さい、との事。
2部屋あり、どちらにもそれぞれエアコンがあるが、一つのリモコンで操作可能との事。
何かあれば、先程の食堂に居るので、声を掛けて下さい、との事。
館内インターホン
それ以外の夜間等で連絡が必要な際には、壁のインターホンで連絡すると宿の方に繋がるそうだ。
特に、それ以上の宿の説明や犬に関しての説明も無かった。

宿の方が部屋から去り、部屋を見渡す。
温泉宿に付き物の窓際の休憩場所は、結構広くゆっくりできそうなスペースである。
その窓からの眺めは、湾になった海と砂浜が見えとっても美しい。
窓を開けていると、波の音も心地良い。
ただ、この宿の造りや宿泊プランを見ると、この眺望が堪能できるのは、この部屋だけだろうか。
唯一直接海に面している場所がある部屋のようである。
窓からの眺め
冷蔵庫 トイレ
部屋の玄関脇には収納庫があり、その下に小さな冷蔵庫が2つあり、中は空。
その向かいの洗面所の先にトイレがあり、ウォシュレット&ウォームレット。
部屋のTVは地デジ対応32型液晶TV。
部屋で少々寛いだ後に、年寄りはお風呂へ、私とユキは海岸散策へと向かった。

宿を出てスグの海岸へ出ると、ちょうど夕日が沈むサンセットを眺める事ができた。
砂浜は比較的硬く締っており、結構歩き易い。
海岸も湾になっているので、風が若干強くとも波も穏やかである。
ユキは砂浜の上の海藻類をクンクンして、なんだろうかな〜と言った感じである。
夕暮れ時の春の潮風を感じながらユキとの散歩を楽しんだ後宿へと戻った。
サンセット 穏やかな海だね なんだろう?
男湯脱衣所 お風呂入口
部屋へ戻った後、年寄りと交代して温泉へと向かった。
階段を降り、1階にあるお風呂の暖簾をくぐると、脱衣所があった。
脱衣所の右側がスグにお風呂の入口であった。
若干狭い雰囲気の脱衣所ではあるが、少人数なら気にならないかな。

お風呂のドアを開けると左側に洗い場、右側に湯船がある。
洗い場は3つあり、他に水のみの場所があった。
温水の流量・暖かさとも問題無し。
お風呂は源泉掛け流しで、HPによると高温の源泉を加水せず外のタンクで冷ましているようだ。
それでも注意書きで、夏場等は熱くなっているお湯が流れる事もあるので気を付けて下さいとの事。
洗い場 湯船
温泉は若干茶色がかった気がする様なしない様な感じで、無臭であった。
普通のタイル張りの殺風景な雰囲気ではあるが、湯船の片隅に岩風呂風のデザインが
なされているのが、ちょっとお洒落な感じでもある。
その奥の角からお湯がチョロチョロ流れ出ており、熱さもソコソコであった。
やはり源泉掛け流しの温泉は、温まるし旅の疲れも癒してくれる。
下田の温泉を満喫した。
その後、他のお客さんが居なかったので、ちょこっと女湯も覗いてみたら、男湯と左右対称
になって居る様な感じであった。

まったりするの?
温泉を堪能後、部屋へ戻り夕食まで持ち込みのビールを飲みTVを見ながらまったりと過ごす。

夕食の時間になり、2階の食堂へユキを連れて向かう。
食堂へ入るよ 食 堂

食堂へ入ると、左右に席があり、左に2つ右に3つ程見えた。
それぞれが4人掛けのテーブルの様である。
テーブルから窓を眺めると、真っ暗ではあるが夜景を見る事が出来た。

他にお客さんがいないので、洋風の感じの食堂の奥の窓際の眺めの良い席に食事の準備がされていた。
席へ案内され、リードフック等が無く、ユキの繋ぐ場所を尋ねると、特にルール等も無いので、
フリーでも構わないとの事だったが、了承得てテーブルの脚にユキを繋いだ。
その後スグに前菜を持って来てくれた。
前菜は、明日葉の胡麻和え、ミニトマトの何とか味噌乗せ、サザエの何とかソースがけ、鶏の軟骨唐あげ。
色々と説明をしてくれていたが、私の脳では記憶できず。
それから飲み物の注文があり、生ビールとウーロン茶をお願いした。
ユキは、料理が来るのを眺めてテーブルの下でお座りしている。
前 菜 テーブルに繋がれてるよ 乾 杯
飲み物が来て乾杯して料理を食べ始める。
その後刺身の盛り合わせがやって来た。
こちらも地物の刺身で色々と説明をして頂いたが、詳細は記憶になし・・・
次にミニ鍋にセットアップされていた物に火を付けてくれ煮えたら食べて下さいとのこと。
これも色々と食材の説明をしてくれた。
料理の食し具合を見ながら次のグラタンを持って来てくれた。
これもポテトと何かの食材であるが、とっても美味しかった。
ちょっと小さく少なかったのが残念。
もっと食べたい感じであった。
刺身の盛合せ ミニ鍋 グラタン
次に、伊豆名物の金目の煮付けが来た。
見た目にもさっぱり風に煮付けられており、伊豆の他の場所で食した物よりも薄い色と言った感じである。
食すと、やはりさっぱり風であるが、美味しく頂けた。
次にフライ物が来た。
エビフライとアジフライである。
ちょっと個人的には、こってりのフライは先に来て欲しかったかな〜って気もするが、
これも美味しくいただく事ができた。
我々はビールのお供に料理を頂いていたが、ご飯を食べたい時は宿の方に言えば、
いつでも持ってきてくれるそうで、我が家はこの時点でお願いした。
金目煮付け テーブル下で寛いでるよ フライ物
味噌汁は地物の海苔が具になっており、これも美味しい。
ビールを飲むと、あまり量を食べられないのだが、結構美味しくいただく事ができた。
年寄りや酒飲みには、ちょうど良い位の量でもあった。
オプションやプランでは、他に色々な料理も選べるらしい。
ご飯&味噌汁 食後のお茶&デザート
ゆっくりと食事をした後には、コーヒーor紅茶と、デザートが来た。
その後、他にお客さんも居なかったので、色々と宿の方と歓談をした。
こちらの、宿の犬は元々は柴を飼っていて大人しかったのだが、今は洋犬が居て、
やたら吠える事が困っているそうだ。
また、こちらの宿は犬連れ専用宿では無く、利用客から犬連れを求められて可にしたとの事。
今までマナーの悪い客も無いので、あまり厳しい制限もしていないそうだ。
犬連れで寛ぎたければ、ホント、マナーは守りたいものである。
また、犬と暮らしたいが、アパート・マンションが犬NGである場所に住んでいる人が、
こちらの宿のワンちゃんに会いに来るお客さんも居るそうだ。

お休みzzz
色々と歓談をした後、部屋へと戻る。
布団は自分らで敷くが、この部屋で、この人数ではテーブルを片付ける必要がないのがありがたい。
ユキはテーブル脇に置いたマット&タオルの上で就寝。
人間様は、食後にも温泉を堪能し、TVを見ながら就寝。


翌朝は、起きた後年寄りがユキのトイレを兼ね海辺を散策。
その後、朝食の時間まで、ゆっくりと過ごし、昨晩の食事処と同じ食堂へユキと一緒に向かう。
昨晩は夜景が見えていた場所が、明るく奇麗な眺めが見えた。
食堂の窓からの眺め
席へ着くと、次々と料理を運んで来てくれた。
朝食のメインは、カマスの干物、との事で、他に和食中心の様々なおかずがあった。
ご飯のおかわり用のお櫃もテーブルの上に置いてくれた。
朝 食 お 櫃
ユキはテーブルの下

ユキはテーブルの下でお座り。

美味しく朝食を頂いた後、部屋へ戻り、まったりと過ごす。
その後、チェックアウト。

全館喫煙可。

管理人へのメッセージ


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  

ロビーも禁煙
シゲちゃん さん
(2017-03-12 17:11:22)
ロビーも禁煙になってます。
外のみ喫煙可です。


***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

フード・犬具・服・etc・・・

POCHI/全品送料無料キャンペーン実施中!  

旅行の予約

 
 
 
 
 

人間のファッション・雑貨など

 

パソコン、デジカメ、メモリ

アフィリエイト

保 険




System Counter 2005.3.6 〜  4847787


Page Counter 2018.1.1 〜  245


inu-to-yuku System V0.12d