更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2019年7月 9日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
↓迷子になったらこのバナー↓

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
森のログホテル カムループス
TEL & FAX 026−258−3737
住所 長野県上水内郡信濃町古海 3335-4
交通 上信越道信濃町IC下車10kmまたは妙高高原IC下車8km
料金 11,500円〜/人   1,050円〜/犬 (詳しくは、下記HPを見てください)
関連ページ   こちらのHP   http://www.log-kamloops.com/
     じゃらんでの紹介   長いので省略
 
利用者 環 さん当日利用人数 2人+1犬(中型MIX♂利用時4歳) 利用日 2008.08 
 お盆直前の、土曜日に1泊。楽天トラベル経由で申し込んだ。すぐに、パンフレット、予約確認書と、予約金の振り込み案内が送られて来た…が、1泊と申し込んだのに、2泊になっている。慌ててメールで確認したところ、記載間違いでした、申し訳ありませんでした、と丁寧なメールが届き、一安心。1泊分の予約金を、振り込んだ。

 宿泊当日は、軽井沢方面から向かったが、タングラム ペンション ヴィレッジへの曲がり口が分からず、小さなトンネル(斑尾リゾートトンネル)を抜けて、斑尾東急ゴルフクラブの方に行ってしまった。宿から送られてきていた、詳細な地図を再度見直し、トンネルの手前で右折。道なりに1分ほど進むと、すぐにログハウスが見えてきた。

 夫は環と玄関前で待ち、私だけがフロントへ。すぐに奥様が出て来て下さり、チェックイン手続き。「今日、同じお名前のお客様がもう1組いらして、勘違いして、1組取り消す所だったんですよ。でも、もう1組の方は、大型犬を連れてらっしゃると書いてあったので、別のご家族だと気づいて、2組分のお部屋を確保したので、良かったです!」と言われて、びっくり。でも、ダブルブッキングにならなくて良かった。奥様、すぐに夫と環に気づき、犬連れ専用出入り口を教えてくれた。私は、奥様と一緒に館内を進み、夫は環と、外階段に歩いてきた。私達の案内された部屋は、その犬専用出入り口のすぐ横だった。便利だったが、「ハイシーズンという事で、いつもはわんちゃん連れは、2部屋だけなんだけど、殆どの部屋をOKにしてるの」という奥様の言葉通り、殆どが犬連れ、しかも大型犬多頭飼いのグループも多く、夜遅くや、早朝4時頃に、排泄や散歩に連れて行く人も多かったので、そのたびに環が反応し、低く唸って怒ったりするので、その、怒りの鼻息に、何度も起こされてしまった。専用出入り口には、脚拭きタオルが用意されていて、心遣いを感じた。奥様は、本当に犬好きな方で、数年前まで看板犬をしていた、ゴールデンレトリバーの母娘の話を、目を細めて、環を撫でながら、して下さった。あの奥様、そしてオーナーさんに可愛がられていたなら、むーちゃんもねねちゃんも、さぞかし幸せな犬生だったろうな、と思わせるお人柄だった。

 部屋は、出窓のあるツインルーム。入ってすぐ、ドアの横にハンガーとフックがあり、上着やバッグ、帽子などをかける事ができる。その向かいにはドアがあり、ユニットバスになっている。1992年製の、必要最低限の大きさの、シンプルなタイプ。温水洗浄機能やウォームレット付のトイレではない。プラスティックのコップが一つ、歯ブラシセットが二つ、固形石鹸が一つ、シャンプー二つ、リンス二つ、かみそり一つ、が置いてある。ドライヤーと、タオル類は置いてなかった。(HPには、全室バス・トイレ・TV・(無料)・電話・冷蔵庫付 浴衣-ご希望の方有料-ドライヤー バスタオル フェイスタオル シャンプー&リンス歯ブラシ 石鹸 カミソリ シャワーキャップ付と明記されていたが)エアコンは無く、扇風機のみ。4時過ぎまでは、結構な暑さだったが、日没近くなると、窓から涼風が入ってきて、とても快適になった。奥に、シングルベッドが二台と、その間にナイトテーブル(電話が置いてある)。部屋の隅に、小さな冷蔵庫(冷凍庫スペースも、ちょこっとだけあり)、その上にTV。天井が凄く高いが、何しろ狭いので、1週間の長旅の私達は、荷物、特に大型のスーツケースの置き場に困った。仕方がないので、ユニットバスの入口の前に置き、トイレに行く時や、外に出る時には、移動していた。長旅で、大型のケージを持ってきた人は、困るだろうなと思った。

 チェックイン後、荷物を整理して、持参した電子蚊取器を稼動し、すぐに24時間入浴可能な、人工麦飯石温泉(大浴場)へ。チェックイン時に確認したところ、予約貸切制ではなく、空いていたら自由にお入り下さって構いませんよ、との事。フロントのすぐ横の階段を下りた、地下にある。私達は、部屋にタオルが無かったので、「もしかしたら、温泉に置いてあるのかもしれないね。でも、念のために、自分達のタオルも、持って行く?」と家から持参したタオルを持っていった。すると、案の定、脱衣場にもタオルは無かった(ドライヤーもなし)。フロントに訊きに行こうかとも思ったが、満室で忙しそうだったし、持って来たタオルを使えばいいよ、という事で、訊かなかった。多分、忙しかったので、部屋に置き忘れたのだろうと思う。でも、脱衣場も温泉も広く、ゆったり、のんびり出来た。入浴後、外もすっかり涼しくなったので、環を連れて、ペンション ヴィレッジ内を散歩。車は殆ど通らないが、犬の散歩をしている人達が割といたので、ノーリードにはすべきでないでしょう。

 散歩から戻り、のんびりしていたら、ほどなく「夕食の準備が出来ましたので、ダイニングへどうぞ!」と奥様から電話。環は部屋でお留守番。わくわくしながら、フロント右横の、ダイニングへ。既に殆どのグループは席についていた。奥様が「本日は、満室ながら、お食事のサービスは、私一人で担当させて頂きます。お待たせしてしまう事もあるかもしれませんが、よろしくお願いします」と言われたが、全く待つ事も無く、ちょうど良いタイミングで、次々と美味しいお料理が供された。どれもみな、美味しく、全て完食したが、その中でも特に、私はズッキーニの冷たいポタージュと、帆立のムースサーモン巻き、夫は鶏のソテー トリュフソース(鶏にはチーズがサンドしてあった)が気に入ってしまった。そして、お口直しの洋梨のソルベの、シャーベットとは思えない滑らかさには、大げさではなく、二人揃って言葉が出ないほど感動してしまった。途中、「うちでは、食事のお供はパンではなくて、新潟のコシヒカリなんですよ!」とご飯が供された。このように、奥様は、一皿ごとに、必ず「お蕎麦を使ってますけど、アレルギーはないですか?大丈夫ですか?」とか、何かしら、優しいコメントを添えて出してくれて、とても心が和み、楽しく食事をする事ができた。食事の終盤に、オーナーシェフが、コーヒーを準備に出てきて、「お粗末さまでした!」と、爽やかに挨拶された。私達は、厨房入口に近い席だったので「お粗末なんて、とんでもないですよ。どれも、とてもとても美味しく頂きました。」と言ったら、「お気に召して頂けて、光栄です」と笑顔で、深々とお辞儀をして下さった。ディナーの終わりに、奥様がテーブルを廻り、「明日の朝食のお時間ですが、7時半からと8時からと、どちらになさいますか?」と聞いて下さった。私達は8時から、とお願いした。

朝食は、きのことお肉が入った、大きなオムレツと、野菜サラダ、ジュースか牛乳と、コーヒー、大きなバゲット(トーストしてある)、バターではなく、杏ジャム+オリーブオイルをつけて食べる。ジャムは、少し量が少なかったので、オムレツのソースをつけて頂いたが、とても美味しかった。コーヒーのお代わりをつぎに来て下さった奥様が「軽くて飲みやすいコーヒーでしょう?お茶屋さんにお願いして、ブレンド&焙煎してもらってるんですよ」と説明してくれたが、本当に、何杯でも飲めてしまうような軽やかな味のコーヒーだった。

 お腹一杯、大満足で部屋に戻り、荷造りをして、チェックアウトをしに、フロントへ。奥様が、手作りの、ラベンダーの室内&車用の芳香剤(というのだろうか、グログランのリボンで、ラベンダーのドライフラワーを、包むように巻いたもの。お土産店で、商品として並んでいたので、お土産物として、メジャーなのかもしれない)を、記念に下さった。そういえば、ダイニングルームの隅の小さなテーブルに、沢山のラベンダーと、リボンが置いてあった。「今は忙しくて、全然作る時間がないんだけど...毎年1本ずつ増やしていて、今年差し上げたら3本になりました!と言って下さったお客様がいらしたんですよ。嬉しいですね。車のエアコンの、吹き出し口にさしてね。また、是非遊びにいらして下さいね」と送り出して下さった。オーナーも、テラスから笑顔で送り出して下さり、ラベンダーの香りに満たされた車で、気持ちよくスタートできた。

 トータルで考えて、部屋が狭いとか、エアコンがないとか、タオルが無かったとか、そういう小さなマイナス点を、全てプラスに変えられるような、オーナーご夫妻のお人柄と、食事の美味しさで、うん、また泊まりたいね、と思える宿であった。大型犬には、少人数でも、状況次第で、ファミリールームが利用できるかもしれないので、相談してみて欲しいと思う。
 
情報提供者  オーナー 情報提供日 2000.8 
本格カナディアンログハウスの宿から
いつもお留守番のわんこも一緒に旅をしたい人に朗報!
「1日一部屋限定」でわんこもログハウスにお泊まりできます。

専用出入り口とウッドデッキ付きのお部屋は4.5名様ご利用のファミリールーム。
室内犬であれば大型犬もOK。
フロントではゴールデンレトリバー親子がお出迎えします。

タングラム斑尾スキーサーカスの第6リフト乗り場まで100mの至近距離なので
冬以外でもノーリードで思いっきり遊べる。
道路もペンションヴィレッジ専用なのでお泊まり以外の車が入ってこないので安心。

わんこの食事はご持参下さい。
コック歴25年のベテラン・オーナーシェフが創り出す仏料理はグルメなお客様も安心の味。

管理人へのメッセージ
 

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  

繁忙期なら...
環 さん
(2008-08-14 10:26:29)
繁忙期なら、わんこ連れ多数受け入れてくれます。大型犬も多数泊まってましたよ。現在は、犬料金がかかるはずですので、問い合わせを!


***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)

旅行の予約

人間のファッション
雑貨など

パソコン、デジカメ、メモリ

アフィリエイト

アフィリエイトのアクセストレード

保 険




System Counter 2005.3.6 〜  5066199


Page Counter 2019.1.1 〜  62


inu-to-yuku System V0.14a