投稿、おまちしています
伊豆ぐらんぱる公園
TEL 0557−51−1122(代)
住所 静岡県伊東市富戸1090
交通 このあたり
 伊豆の東側を走るR135を伊東市から東伊豆町方面へ南下
 伊東の街中、川奈を過ぎると伊豆高原に入る
 少し進み、左側に「伊豆高原旅の駅 ぐらんぱるポート」が見え、「グランパル入口」信号を
 過ぎると左側に入口がある。
 目印になるような施設です
関連ページ こちらのHP http://granpal.com/  ワンちゃん連れのページ http://granpal.com/dog/
      伊豆シャボテン公園グループHP http://shaboten.co.jp/
利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス)) / 利用日 2014.01
※入園料変更他、追加情報が一口コメントにありますので、ご覧ください

1月中旬の土曜の、やや肌寒く薄曇りの日に利用。

伊豆シャボテン公園グループは過去に「伊豆シャボテン公園」、「伊豆四季の花公園」を
利用しており、犬連れにも優しい施設で、「ぐらんぱる公園」も犬連れ可である事は知っていたが、
中々利用する事が無かった。

今回は、たまたま宿泊する宿(風の音)が、こちらまで徒歩5分との事だったので、利用する事にしてみた。
宿の予約時に、あらかじめチェックイン前に車を停めさせていただく事を連絡すると、
車を停めた後、一言声を掛けて下さいとの事と、できれば前売り券の購入も勧められた。
宿に車を停め、カウンターへ行き車を停める事を告げ、前売り券を購入。
通常購入より200円安いようだ。
この前売り券は、チケット売場で提示すると入園券と交換してくれる、との事。
宿から、徒歩で向かう。
公園入口近辺
ちょっと5分では着かない感じではあったが、それなりに着く事はできたが、駐車場が
結構広いので、そこをまた徒歩で進んで行った。

程なく公園の入口が見えてきた。
駐車場は、オフシーズンのためか結構空いていた。
駐車場との境に、日本一大きい・日本一小さい自転車と銘うった展示物もあった。
そのままチケットカウンターへ向かい、前売り券を入園券と交換。
犬連れの旨も告げると、どんなワンちゃんですか、との事でユキを見せた。
公園入口 入園料案内 ペット連れの方への案内
公園内の乗物等々は別料金で、それら用の回数券も販売されているが、今回はそんな利用しないだろうと
思って回数券を購入しなかったのだが、やはり後になって買っとけば良かったと思ってしまった。
チケットカウンターの上には入園料金の他に、「ペット連れのお客様へのご案内」と書かれた
犬連れの案内があり入れる場所等の案内もあった。
その後入園入口から入ると、チケットの一部を切取り当日に限りチケット再提示で再入園可能との事。

入園直後に、観光地名物記念撮影。
縫いぐるみ等もあり、それらを持って記念撮影後、観光客らしく写真を購入。
価格は一般的な1,000円。
入園ゲートから公園内に入ると、お〜結構広いな〜と言った感じである。
左右見まわして、さ〜どうしようかなと思って、園内マップもらってないな〜何て言っていたら
近くの職員の方が、近くから園内マップを持って来てくれた。
中々のサービスであると感じた。
入園ゲート出た後の景色
ま〜マップ見てもどこから行こうか迷ったので、とりあえず左側から回って見る事にした。
マップでは「水の広場」と書かれていたが、具体的に何があるか分らなかったのだが、
あ〜なるほど、水に関わる遊戯施設のエリアだな〜と実感するような景色が見えてきた。
さらに左側へと進むと、射的コーナがあったので、早速遊んだ。
後で分ったが、券売機でチケットを購入しチケットを提示するのだが、この時は分らなく、
さらに誰も居なかったので、さてどうするのかな〜なんて思っていたら、施設の方が
遊びますか?と声を掛けてくれたので、お願いすると、その場で現金での遊戯も可能であった。
そして射的を楽しむ事ができた。
オヤツをゲットし、何もとれない人には残念賞のお菓子もくれた。
周囲には、他にダーツやボンボンすくい・スーパーボールすくい等々縁日系の施設もあった。
水の広場 射 的 ゴーカート乗り場
他にも「水の広場」には色々とあり、それなりに楽しんだ後、次のエリアへと向かう。
パークゴルフ場方面は犬不可なので、いくつか犬と楽しめる乗物広場方面へ向かう。
すると右側に、ゴーカート乗り場が見えてきた。
予めHPでゴーカートが犬連れ可である事は調べていたのだが、具体的な事は分らず、
乗り場付近に居たスタッフの方に問い合わせると、2人乗りのゴーカートで一緒に乗れるそうだ。
ゴーカートには一人乗りもあるのだが、そちらはダメのようだ。

ゴーカートの乗場の手前に、乗物専用の券売機があり、そちらでチケットを購入。
ふと見ると、券売機の案内に「ワンちゃんネコちゃん」と題した案内があり、
ゴーカート2人用
リバーアイランド
お伽列車
おもしろ自転車
一緒に乗れます
(リード必要)
との案内を見かけた。
なるほど、これらのチケットでペット同乗が可能なんだ、と感心。
乗物用券売機 ワンちゃんネコちゃん乗物案内 一緒にゴーカート楽しんでるよ
そしてゴーカートの乗場でチケットを渡し乗車。
他にお客さんもいないので、待ちなしでスグに乗る事ができた。
2人乗りで右ハンドル仕様なので左側の助手席ポジションにユキを抱っこしながら乗車させる。
ユキも車には乗り慣れた感じなのか、床にお座りして前方を向く。
スタッフの方から、簡単な操作方法(と行っても右ペダルアクセル、左ペダルブレーキと、
車の免許を持ってオートマの車が運転できれば普通の事だが)の説明を受け、出発。
カートを進めて行くと、ユキは普通に前方を見ながら一緒にドライブを楽しむ。
時々何かが気になるのかキョロキョロするが、車慣れしてるな〜とちょっと感心。
ドライブコースを一周して、ゴーカート終了。
お伽列車乗場

次はどうしようかな〜と思いつつ、先程の券売機まで行き、
「お伽列車」に乗る事にしチケット購入。
そのまま乗場へと向かうが、やはりこちらも他のお客も居なく、
スグに乗車。
ま〜ちょっと子供向け感もあるのだが、特に他に気にする事も
なく我が家だけで乗車。
結構大勢乗車出来る様なのだが、貸切状態であるので、
好きな場所に乗って下さいとの事。
一席2人づつ座れるようであるのだが、一人一席で乗車し、私はユキと乗車。
出発〜! 出発したね 列車進んでます
その後出発の音楽等が流れて、列車が出発。
ユキも興味深々で周囲を眺めている。
同じコースを2周するとの事で、一周目はケータイで動画を撮影してみた。
こちらの写真は2周目であるが、列車が進むと周囲のセンサーが働き様々な音楽や音声が流れる。
大人でも以外に楽しむ事ができた。

「お伽列車」を堪能後に歩いていると、閉園30分前の案内が流れていた。
冬場は午後4時までなので、回数券の使い方の注意をしていた。
我々は回数券利用ではなかったので、乗物の広場からドッグランへと向かった。
途中にゲームコーナーがあり、入口に「ゲームコーナーはワンちゃんも一緒に入れます」
との案内があったので、ついつい入ってしまった。
クレーンゲーム系が多く、以外に色々なゲームがあった。
ただこの日は故障中の機器もあった。
ゲームコーナーも犬可 ゲームコーナー内 幸福の鐘と大室山
幸福の鐘からの景色
そこから、さらにドッグラン方面へ向かうとアーチ状の場所の上に「幸福の鐘」と呼ばれる物があるらしく、そこへ行ってみた。
若干高い場所なので、結構眺めもよく園内を見回す事ができた。
先程の乗物コーナ方面を見ると、様々な乗物の先に大室山を見る事もできた。
反対方面を見ると、目的地であるドッグランやアスレチックの広場があり、様々な遊びをしていた。
わんわんPark利用案内
わんわんPark入口

そしてドッグランへ着いた。
こちらでは「わんわんPark」と呼ぶらしい。
大型犬用と、小・中型犬用と分れているようで、我々は小・中型犬用を利用。
出入口も、入口と出口が別々のようである。
入口脇には利用案内がある、ごくごく普通のルールである。
中に入り、ユキのリードを外すと、ユキは嬉しそうにダッシュ!
結構広さがあるので、ユキも結構楽しそうに走り回る事ができる。
水場も備えられており、水の入ったペットボトルや水飲み容器もある。
ダッシュしてるよ ダッシュしてるよ 水 場
ペット用ゴミ箱
さらにはペット用ゴミ箱もあり、「イヌ高原観光協会」の
ステッカーが貼ってある。
最近、伊豆高原の犬連れ可の施設では、このステッカーを
多く見かける。
犬に優しい伊豆高原を紹介したり、共通のペット用ゴミ箱を
推進してるようだ。
犬の糞害に警鐘する意味でも素晴らしい活動だと思う。
(詳しくはHPで)
伊豆ぐらんぱる公園も協賛企業のようだ。

ドッグランを楽しんだ後、公園の出口へと向かう。
後数分で閉園のようだ。
出口の外にレストランがあり、こちらを含め3か所のレストランのテラス席で、
犬連れで飲食ができるようである。
(外のレストラン2店は入園しなくても利用が可能)
出口から外へ出て飲食しても、当日に限りチケットの提示で再入園が可能。
犬用おやつ
おみやげ館のペット同伴可の案内
さらにその先にはおみやげ館もあり、こちらもリードで同伴可だ。
ただ、案内に「リードは短めでお願いします」と書かれていた。
中には様々な伊豆の特産や土産物が売られていた。
さらには犬用のオヤツも売られていた。

外へ出ると、駐車場側の入口にもペット同伴可の案内があった。
おみやげ館の駐車場入口
公園へ入園せずとも、こちらから入れる様だ。
その横にある休憩所もペット同伴可の案内があった。
休憩所 休憩所もペット可

犬連れにも優しく、中々楽しめる施設であった。


入園料
大人   900円
犬     無料
その他乗物等は別途有料(お得な回数券もあり)

管理人へのメッセージ