投稿、おまちしています
小室山観光リフト
TEL 0557−45−1444 / FAX 0557−45−1445
住所 静岡県伊東市川奈小室山1428
交通 このあたり (Aの場所)
 伊豆の東側を走るR135を伊東市から東伊豆町方面へ南下
 伊東の街中、川奈を過ぎてスグ右側に高校が見えると信号があり、左側に「小室山観光リフト」
 の看板も見えるので、その信号を左折し、道なりに進むと駐車場に突き当たる
関連ページ 運営している東海バスのサイト内での紹介 http://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=1734
利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(北海道犬系雑種・ メス)/利用日 2014.01
1月中旬の日曜の、やや肌寒くとっても天気の良い日に利用。

伊豆高原から熱海方面へ向かう途中で、ふと行ってみようか、と言う事になった。
犬をダッコで乗車できるリフトがあるらしい事は知っていたが、詳細は不明。

R135を車で走っていると、ちょくちょくこちらの看板を見たり、小室山を見たり
していたので、大体の場所と、R135からの分岐の場所は知っていた。
なので、難なく付く事が出来た。
R135から分岐して進んで行くと、小室山公園を過ぎ、駐車場に突き当たる。
この辺周辺も小室山公園内のようだ。
駐車場から見たリフトと建物 リフトは売店からお入り下さい
駐車場に車を停め、山の方を見ると、リフトが動いてるのが見え、手前に建物も見えた。
とりあえず、建物方面がリフト乗り場らしいので、向かうと正面に「リフト乗車は売店からお入り下さい」
との案内看板が見えたので、とりあえずユキと外で待ち犬の可否等を聞きに行ってもらった。
すると、売店内もダッコで歩いて行くとの事。
チケット売場 リフト乗場改札
ユキを抱っこして売店に入り、奥へ進むとチケット売場が見えた。
基本は券売機での購入だが、割引券を使う場合等は窓口対応だ。

チケットを購入後、スグに外へ出るドアがあり、そこを出るとスグにリフト乗場改札があった。
なので、ユキを抱っこしたまま乗場へ向かう。
スグに改札をし、そのまま乗場まで案内され、順次乗車する。
一人乗りのリフトで、一人づつ乗車して行く。

リフト乗場 リフト上ってます
乗車時に揺れるので、脇のポールをしっかり持って下さいね、との事でそうして乗車。
抱っこされて眺めてるよ

ただ、ユキを抱っこしさらにスマホで写真を撮りながらだと、ちょっと怖い。
それでも、乗車後にはスグに慣れ、多少揺れても写真を撮る事もできた。
ユキも落着いて抱っこされ、眺めを堪能してるようだ。
ただ、日陰で風もあるので、ちょっと肌寒く感じた。
上へ行くにつれ、海や伊東の街中等が見え眺めがどんどんと良くなっていった。

終 点
3分程の乗車で終点へ着く。
終点には展望台があり、その中に「小室山森のぞうがん美術館」(有料)があるようだ。
山頂駅からスグに左側へと向かうと、先の方に富士山が奇麗に見えた。
リフトに乗車中にも見えていたので、なぜか真っ先に富士山を見に行った。
前の日には富士山の近くですら見る事ができなかったので、こんな遠くから奇麗に見えて嬉しかった。
その手前には伊東の街中も良く見え、右の方を見て行くと奇麗な海が見え、その先には、真鶴半島や三浦半島も見え、写真では若干分りづらいが、房総半島も見えていた。
富士山が見えた 真鶴半島・三浦半島 展望ウッドデッキ
そこから右の方へ行くと、展望ウッドデッキがあり、海の眺めがとても美しい。
遠くを見ると伊豆諸島も良く見えた。
観光客らしく海をバックに記念撮影。
そのまま、再び富士山の見える方でも記念撮影。
富士山バックに記念撮影 大室山も見えた
さらに右の方へ行くと海岸沿いも見え、山の方には大室山を見る事もできた。
大室山にもリフトがあり、以前にユキと乗車した事もあった。
なのでか、何となく大室山の見える場所でも記念撮影。
その右側には展望台が見えた。
その先を歩いて行くと、右側に小室神社も見えた。
散策していると、大きな犬を連れた人に出会った。
どうやら、リフトに乗らずに下から散策路を歩き、山頂へ来る事も可能な様である。
展望台 小室神社
小室神社で参拝し、大体山頂を一周した。
展望台の下には火山の案内もあり、大室山、小室山や周囲の独特の地形は、
火山の影響で、こんな形になったそうだ。
さらにトイレもある。
展望台の階段上がるよ
そこから、展望台の上の方へも行けるのだが、入れるのか分らなかったのだが、美術館の方に聞いたら、美術館を利用しなくても、上まで行けるとの事。
展望台まで中の階段を上って行くと、展望台の上へ出た。
先程も寒かったが、一層寒い。
ただ、やはり非常に眺めは良い。

リフトが上の方から良く見え、その左側にはゴルフ場が広がっており、右側には街中が見えた。
反対側には、先程海を見て楽しみ記念撮影もした「展望ウッドデッキ」も見えた。
我々と同じように眺めを楽しんでいる人々もいた。
眺めを堪能し、そのまま下へ下りると、下りのリフト乗り場である。

そして下りのリフト乗場で改札し、そのまま乗車。
またユキを抱っこして、ユキも落着いて眺めを見ている。
下りからの方が眺めが良いようだ。
富士山を右前方に眺めながら下って行く。
また3分程の乗車で山麓駅へ到着。
そのままユキを抱っこして売店内へ入る。
売店で色々とお土産を見て、気にいった物を購入し、外へ出た。

天気も良く眺めを堪能できたので、結構楽しむ事ができた。


リフト乗車料
大人  往復   450円
    片道   230円
犬         無料


ちょっとした山歩きで山頂まで行く散策コースが2つあるので、
リフトに乗車しなくても、山頂を楽しむ事ができる。

管理人へのメッセージ