投稿、おまちしています
野島崎公園
TEL 0470−20−4003 : 南房総市役所 商工観光部 観光プロモーション課
住所 千葉県南房総市白浜町白浜628
交通 このあたり
 R410沿い : 野島崎灯台目指せばすぐ分かる
関連ページ
 南房総 観光コンシェルジュのHP(市の運営サイト)
 http://www.mboso-etoko.jp/shirahama/spot/toudai.html
 関東公園ガイドサイトHP
 http://www.parknavi.info/nojimazaki/newpage1.html
利用者 シゲちゃん さん利用人数・犬数 3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス))/利用日 2018.07
7月上旬の天気の良い暑い平日に散策。
本来は梅雨時真っ只中の予定。
この年は6月に梅雨明けし、その後猛暑。

白浜オーシャンリゾート(旧:リゾートイン白浜)から徒歩でも来れる。
が、チェックアウト後、車で近くの駐車場から訪れた。
前回利用から10年も経っているようだ。

今回も平日の朝の為、駐車場もガラガラ。
お客さんも少ない様だ。
駐車場から見た野島崎 野島崎入口
野島崎の入口に近づく。
3通りの通路がある。
中央左側に、厳島神社の参道階段。
その右側に、ゆるやかな坂道。
その右側のお店の手前から右側に向かうルート。

前回と同じく、厳島神社の参道階段を上って行った。
突当りに厳島神社があり、旅の安全をお参り。
そこを右に行くと、ゆるやかな坂道に合流。
厳島神社の参道 野島崎灯台
 
参観案内  
そこから進むと突き当りに野島崎灯台と管理事務所の建物が見えた。
その脇に「参観案内」の看板があった。
入場料では無く、参観寄付金との案内があった。
10年前と変わらず200円。
参観時間や、お願い事項が記されていた。
その6項に
ペット立入お断りの記載があった。

 
  灯台レンズ
なので、ユキには待ってもらい灯台を参観。
灯台内の螺旋階段を上ると、上部でランプを見ることもできた。
そこから外に出ると、まさに360度のパノラマの眺め。
灯台からの眺め
灯台からの眺め
先程チェックアウトしたホテルも間近に見えた。
その周囲の様子も良く分かる。
海も岩礁に多少の波は見えるが、比較的穏やかな感じで見える。
周囲の眺めは中々の物だ。
眺めを堪能後、階段を降り、展示室を観覧。

その後公園を散策し、南端へ向かう。
前回と同じ、房総半島最南端の地の碑の前で記念撮影。
そこから、スグ近くの岩場の上に白いベンチが見える。
相変わらずユキは嬉しそうに登って行く。
人間も負けじと登って行く。
白いベンチで記念撮影。
房総半島最南端の地 岩場の上に白いベンチ 白いベンチで記念撮影
 
  朝日と夕日の見える岬
前回よりは綺麗になっていたが、錆始め・ペンキ剥がれ始めだった。
「朝日と夕日の見える岬」の看板は綺麗で、
周囲の岩場や海も心地良く綺麗に見ることができた。

そこから戻って行くと、手すりのある通路があり、その先に岩場が見えた。
手すりの手前には、「伝説の岩屋」との看板があった。
通路を進むと岩場の手前にフェンスがあり、脇に案内看板があった。
説明が色々と書かれていたが、中に賽銭を入れると開運との事。
「伝説の岩屋」 「伝説の岩屋」案内 「伝説の岩屋」内部
フェンスの中を覗くと、なるほど大きなタコの様な物が。
 
  散策路
周囲には賽銭もいっぱいあった。
我が家も賽銭入れて開運祈願。

そこから散策路を歩いて行き、お店の脇へ出て散策終了。
前回は、ここで「野島崎海底透視船」の呼び込みがあったが、
今回は呼び込みも無く静かだったので、そのまま駐車場へ戻る。
快適な朝のお散歩であった。

利用者 シゲちゃん さん利用人数・犬数 3人+1犬(北海道犬系雑種・メス)/利用日 2008.07
ペンション KEIKOをチェックアウトし、野島崎へ車で5〜10分ほど。

ここは行ってみたい観光地のひとつであった。
言わずと知れた房総最南端の地。

R410沿いに広めの無料駐車場があり車を停める。
観光シーズンではあるが、平日の朝のためか結構ガラガラ。

厳島神社の参道階段を登る。
母は前日の鋸山の日本寺での階段にうんざりしたようで、
隣の舗装道路を歩く。
少し歩くと神社があり軽くお参り。
右へ行くと母の歩いてきた道へ合流。

すぐに野島崎灯台がある。
犬について問合せるとNGとのコト。


どのみち、母は階段うんざりなので、ユキとお留守番。

入場料は展示室とセットで200円。
(ネットなどでは150円と紹介してる所が多いようです)
灯台を見終わり、念願の公園へ歩く。
灯台を出るとすぐに、公園。

日差しは強かったが、ユキは朝の芝生の上を嬉しそうに
お散歩する。

しばし歩くと「房総半島最南端の地」の碑が。
灯台をバックに記念撮影。

そこからスグ岩場の上に「朝日と夕日の見える岬」の看板。
そこに、かの有名な白いベンチが。

ユキは嬉しそうに岩場をひょいひょい登って行く。
人間が登る方がしんどい。

やっとこ白いベンチまで行った。
たしかに眺めが良く、朝の潮風が心地よい。
海も丸く見える。

でも、白いベンチはペンキ剥れまくり、サビまみれだった・・・・
とにかく記念撮影。

岩場を下り、あたりを軽く散策し、駐車場へ戻る。

途中、公園の案内の碑が。
これがまた、灯台とセットで記念撮影してね。
って感じで建っている。
ここでも記念撮影。

公園を出る頃には人出も増えてきたようだ。

公園を出ると、すぐ脇に「野島崎海底透視船」。
これに乗ることにした。

管理人へのメッセージ