投稿、おまちしています
爪木崎
(下田市観光協会) TEL 0558−22−1531
住所 静岡県下田市須崎
交通 このあたり
 R135を河津から下田方面へ向かい、白浜海岸を過ぎた後、
 「柿崎」信号を左折し半島方面へ進む
 しばし道なりに進むと、「爪木崎入口」信号があり、左折
 そのまま道なりに進むと、左側に無料駐車場があり、
 さらに進むと、有料の駐車場がある
関連ページ 下田市観光協会のHP内での紹介
      https://www.shimoda-city.info/tourism/tsumekizaki.html
利用者 シゲちゃん さん当日利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬風雑種、メス))/利用日 2019.02
2月下旬の土曜の午後に利用。

こちら普段は水仙の花を楽しむ為にやってくる。
しかし既に水仙の花の時期も終わり。
今回は別の目的でやって来た。
JR東日本のCMで伊豆半島ジオパークの宣伝をしていた。
そこで、様々な景勝地の一つとして某女優が出演していた。

有料の駐車場の料金所で尋ねると、やはりそれを見に訪れる人が多いそうだ。
我が家も、その場所を教えてもらった。
爪木崎の看板を進み、その先の緑色のポールを左に進むと見えてくるそうだ。

車は上の駐車場に停め、そのまま爪木崎の看板方面へ歩いて行く。
そのまま山の方へ進むと、緑色のポールが見えてくる。
そこを左に進み散策路を歩いて行くと、ちょっとした広場が見えた。
その先には灯台も見えた。
さらに海の先には伊豆諸島も見えた。
爪木崎看板方面 緑色のポール見えたね 広 場
その右側に海岸方面に下りる散策路があり、脇に案内看板がある。
周辺のマップや爪木崎の俵磯案内があり、柱状節理(ちゅうじょうせつり)
と呼ばれる火山海底のなごりの案内等がある。
ジオパーク案内 爪木崎の俵磯案内

海岸方面に下りる散策路は、とても狭く崖の脇を進んで行く。
俵磯の柱状節理が海岸沿いに見えてくる。
中々の光景である。
これこそが、CMで放映されていた景色である。
狭い散策路進むよ 俵磯の柱状節理 凄い景色だね
眺めを堪能し、再び狭い坂道を上って広場まで出る。
広場の反対側に向かうと、反対側の海岸が見える。
こちらが普段見慣れている水仙の花が綺麗な場所のようだ。
上からの景色も中々の物。
凄い坂道だね 海見えたね
眺めを楽しんだ後、駐車場へ戻る。
その後、スグ近くにある、「しっぽのおやど」へ向かう。

利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(ユキ) / 利用日 2013.03
3月上旬の平年並みの気温で、やや曇りがちの日曜の比較的早い時間に利用。

「しっぽのおやど」でも犬との散策に良い場所との案内があり、チェックアウトした後に寄ったが
オフシーズンの早い時間だった為か、かなり空いていた。
爪木崎近辺
宿の方のお奨めでは、九十浜と爪木崎の間に無料駐車が
あるので、そこから行くのが良いとの事。
しかし、有料駐車場を利用すると、スグ近くまで行ける。
今回は、有料駐車場に車を停める事にした。
料金所から先には、いくつか車を停める場所があるようだが、
爪木崎近辺を一望できる場所もある。
そこからは砂浜や岩場等の海岸が見え、岩場の山の先には
灯台も見える。
その右手には、白い水仙が多数見えた。
1月が爪木崎の水仙祭りが行なわれている時期であるが、3月上旬でも結構残ってるようだ。
この時はガラガラで一番良いトコに停められた。

そこからは、海岸がスグ目の前であった。
散策路は様々あるようだが、やはりまず海岸に行ってみた。
オフシーズンではあるが、海岸線の砂浜はゴミも無く奇麗であり、景色も中々である。
近くの岩場の美しさも当然ではあるが、遠くに伊豆大島が大きく見えるのもスゴイと感じる。
海 岸
灯台に向かうよ
砂浜を堪能した後は、爪木崎灯台へ向かってみた。
結構な斜面を上った後に、灯台への通路が見えてきた。
灯台は、人も犬も入る事は出来ないが、やはり突端にあるので、
周囲の眺めは美しい。
周囲の岩場や、近いような遠いような伊豆半島の景色の感じが堪能できる。
ユキも崖の上からの眺めを堪能してるかの様である。
突 端 ボクも眺めてるよ
そこから駐車場方面へ戻って行くと、駐車場近くの海岸や、その先の海岸まで良く見えた。
さらに通路から左側へちょっと上った場所からも、周囲が一望でき、駐車場手前にある砂浜や、
その左手に水仙の畑が一面に見る事が出来た。
そのまま、水仙やアロエの花を眺めながら散策し、駐車場へ戻る。
駐車場方面 水仙畑と砂浜
そこから車で、出口方面へ戻り、料金所近辺にある駐車場へ車を停めた。
ここは、周囲にお土産屋もあり、海岸の駐車場よりも高台にあり、眺めも結構良い。
海岸沿いの駐車場の先には、海岸も見え、その先には大島も見えた。
右側の高台方面を見ると、水仙の花畑が見え、所々アロエの花も見え、散策路の入口には
「爪木崎」と書かれた看板も見え、結構幻想的な雰囲気も醸し出していた。
お土産屋 海岸沿いの駐車場
通常は、このまま車で戻る感じなのだろうが、ふと脇の看板を見ると、「花園爪木崎→」とあった。
先程車で向かった時は、「爪木崎→」が目に着いたので、この先が爪木崎だろうと下って行った。
しかし道路の先を見ると、「花園爪木崎」の入口が見えた。
道路を渡り、入口から中を見ると、美しい花の公園が見えてきた。
爪木崎看板 「花園爪木崎→」看板 花園爪木崎
特に入園料とかの案内も無いようなので、そのまま行ってみた。
園内へ入ると、美しい花々が出迎えてくれた。
花園の看板のある前で、観光客らしく記念撮影。
千葉の房総で花摘みで有名なキンセンカやキンギョソウ等々様々な花を見る事が出来る。
(こちらは花摘みNGと思われる)
他にも菜の花畑が黄色く美しく出迎えてくれていた。
花園爪木崎で記念撮影 菜の花 花々の先に温室が見えた
庭園風の公園の脇には、温室があり散策してる時にもずっと見えていたので、行ってみた。
特に犬の立ち入りに関して何も書かれていなかったので、ユキも一緒に入った。
温室内 バナナが見えた

温室内
中は様々な熱帯近辺の植物があり、中々楽しませてくれている。
植物や花々に興味が無くても、結構楽しめるような感じである。
ぐるっと、ハウス内を進み出口へ向かうと、バナナも見る事も出来た。
これだけの、景色や植物花々を無料で見る事も嬉しい事である。
ただ、皆爪木崎の海岸だけ見てるのが、もったいないな〜とも感じた。

ここから、須崎方面への散策路もあり、そちらも犬の散策にも良いようであるらしいが、
我々は利用せず、駐車場へと戻った。

無料駐車場から散策すれば、全てタダで快適な散策コースである。
有料の駐車料金を考えても、結構楽しめる場所であろうか。
かなり以前トップのシーズンに犬の居ない頃来た時には、駐車場も満杯でお土産屋さんも
混み合っていた事もあったので、その様な時期だと、犬連れも注意が必要であろうか。

管理人へのメッセージ