更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2020年12月 25日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
↓迷子になったらこのバナー↓

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

投稿、おまちしています
きぬ川国際ホテル
TEL 0288−77−0019
FAX 0288−77−0246
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝540
交通 東武鬼怒川温泉駅からバスで10分
   鬼怒川温泉の地図を見るとすぐわかると思います。
料金  14,200円〜 /人   1泊2食付 2,625円(小型・中型犬)、1泊2食付 3,675円(大型犬) /犬
関連ページ  こちらのHP  http://www.kinugawakokusaihotel.co.jp/
 
利用者 シゲちゃん さん当日利用人数 3人+1犬(ユキ) 利用日 2011.10 
10月下旬の土曜に宿泊。

↓のみかりんさんの投稿を見て利用してみた。
とは言え、今回で3回目。
過去2回は「じゃらん」からの予約であったが、今回は紅葉シーズンの
ためか、「じゃらん」での予約が不可であった。
その為、宿のHPから直接予約。
しかし、やはり紅葉シーズン、ノーマルなプランは満室。
一番高い「特別室」と、一番安い「わけありプラン」の2つしか空きがなかった。
「わけあり」は部屋からの眺めが悪いだけであるが、やはり折角なので
眺めの良い部屋で「特別室」を予約。

ま、高い部屋でもゆっくり寛げば良いかな、と思った。
しかし、宿泊当日、若干時間があったので、いろは坂でも行ってみるか、
との事になったが、これが悲惨であった。
道路の案内板やラジオの交通情報では第2いろは坂の通過に60分、
と案内されていたので、多少の渋滞でも余裕で宿に着けるな、と思った。
しかし、実際には3時間もかかってしまった・・・・

宿には遅れる旨連絡を入れておいたが、予定よりも、かなり遅れてしまった。
すっかり真っ暗になった宿の前に車を停める。
すると、スグに宿の方が出迎えてくれた。
荷物を降ろし、先に部屋へ運んでおきますので、ワンちゃんのおしっこが
まだでしたら、先にその辺でしてきてくださいね、との事。
とりあえず犬の心配をしてくれるのも嬉しい。

近くをプラプラしながら、ユキのおしっこを済ませて宿へ戻る。
車は、そのままで、宿の方が駐車場へ移動してくれる。
入口の脇には犬用の足拭きがあり、散歩の後に犬の足を拭く。
中段が未使用で、下段が使用済み入れになっている。
脇には汚物入れもある。

通常の犬はダッコで入館との事だが、大型犬等は、そのままで可との事。
ユキもダッコはできるが、そのまま入館。
人間はスリッパに履き替え入館。
そのままチェックインカウンターでチェックイン手続き。

犬用足拭き チェックインカウンター 玄 関

その際に、館内の案内と、注意事項の説明を受ける。
やはり、基本的には犬に関する案内がメインである。
フロントは2階であり、我々の宿泊場所は7階。
そして、外へ行かずとも館内で犬のおしっこできる場所が、
1階にある「アルプガーデン広場」、5階にある「ペットコミュニティ広場」
の2ヶ所にあるとの事。
館内案内

犬の粗相等あれば、内線111(ワン・ワン・ワン、だそうだ)へ
との事。

お風呂は19時30分に男女の入れ替えがある。
しかし、もうほとんど時間がなかったので、男女入れ替え
前の入浴は断念。
特別室は、朝・晩とも部屋食。
(プランによっては、食事処になります・・・犬連れ可)

その後、フロント前で記念撮影。
観光地での記念撮影の様に、前に看板を立て名前を書いた紙も入れてくれた。
犬がカメラ目線になる配慮もしてくれる。
翌日のチェックアウトの際に写真を渡してくれる、との事だ。

エレベータ 部屋の入口
ロビー脇のショップ

チェックインカウンターから、ロビー脇のショップを
抜けると、階段、エレベータがある。
宿の方もエレベータに一緒に乗り、部屋まで案内
してくれる。
確かに、あまり広くも無く、古いタイプである。
宿の方は、部屋の前で分れ、我々は室内へと入る。

やはり、特別室。とっても広い。
玄関部分も広く、畳の部屋までの通路も広い。
右側には玄関用の冷暖房の送風機があり、
その横に洗面台があり、さらに奥には内湯がある。

玄関用送風機
左のドアがトイレ、右奥に洗面台
洗面台 内 湯

トイレ
その隣にはトイレがあった。
トイレは手前に男性用(小)の便器と、奥に通常便器があった。
こちらは、ウォームレット&ウォシュレット。

鏡台のある6畳ほどの部屋
左は大きな部屋
窓際の休憩スペース

そして畳の部屋へ入ると、鏡台のある6畳ほどの部屋がある。
右側には、温泉宿によくある、窓際の休憩所。
しかし、普通より広く、ちょっとした休憩部屋のようである。
普通は小さなテーブルの脇に2つ程椅子がある程度だが、
大きめのテーブルに、大きめのソファーがある。
こんな些細な事でも特別室を堪能する平均的な我が家。

ソファーの間には小さなテーブルがあり、犬用グッズが置かれていた。
コロコロ、水飲み皿、消臭剤等々・・・
さらに、部屋の間には冷蔵庫が置かれていた。
中は空なので、持ち込みのドリンクを入れる。

犬用グッズ 床の間のある大きな部屋 奥には地デジTV

鏡台のある部屋の左側は大きな部屋で、床の間もある部屋だ。
大きなテーブルが置かれており、奥には液晶の地デジTVが置かれていた。
脇にはポット。

夕食のセッティング
しばし休憩後に仲居さんが夕食を部屋に運んできてくれた。
夕食をセッティングしながら仲居さんが色々と話をしてくれた。
その中でも、一度宿泊したグループには、その後も同じ仲居さんが付く、
との事。
その方が、グループ毎やワンちゃんに対し接客が向上する、との事。
しかし、我々は3回目だが、との話をしていたら、「じゃらん」等で
予約をすると、一見さん扱いになるのだそうだ。
宿のHPでの予約や、TELでの直接の予約とは若干サービスも違うようだ。

料理は先付けや川魚の塩焼き、刺身の盛り合わせ、湯葉刺身、
茶碗蒸し等盛り沢山。
メインは鍋料理。
この鍋は特別室のみで、他の部屋はシーズン前で翌月からとの事。
犬用には標準で鶏のササミほぐしとミルクが付く。
(アレルギー等あれば宿の方に相談すれば別にしてくれるそうです)
この日はオプションの野菜盛りも付けた。

右が標準の犬用ご飯
左がオプションの野菜盛り
山ぶどうの原液 食前酒のグラスワイン

食事前のドリンクとして、「山ぶどうの原液」がある。
宿のお奨めだそうだ。
さらに、直予約のグループのみにグラスワインも食前酒として出る。
人間は一足先に乾杯して夕食をいただく。
ユキは、しばしお待たせ。
少ししてから、ユキも夕食を堪能。
その後、なぜか床の間でお座りして羨ましそうに眺めている。
何か犬の置物のようである・・・・

早く食べたいな 美味しいね 鍋も煮えてきた

しばらくすると、鍋も煮えてきた。
美味しくいただいたが、全体的に結構なボリュームである。
ビールを飲みながらでは若干残してしまった。
夕食が終る頃にはユキは床の間でリラックスモードであった。

ユキは床の間でお座り 食事も終わり

夕食の後は、フロントにTELすると、下膳してくれるとの事で
TELしてお願いをした。
その後に布団を敷いておいてくれるとの事。

夕食後にユキの散歩がてら、外へ散策に出かけてみた。
ロビーまで行くと、ワンワンコンパなる集まりが開催されていた。
結構大勢集まっていたようだ。
しかし、我々は参加せずに外出。
出がけに宿の方に、この時間では、お店とかは皆閉まってるとの事。
夜の散策

既に21時を過ぎていた・・・
やはり、ちと来るのが遅かったようだ。

夜の街を散策したが、やはり色々なお店は閉店していた。
とりあえず鬼怒川の橋まで行き、夜風を堪能。
あまり人影はなかったが、やはり夜の散策をしている人も
多少はいるようだ。

その後宿へ戻り、温泉に入った。
この時間は男は3階の「愛心の湯」である。
お休み〜
脱衣所から湯船まで階段を下りて行く。
結構広いお風呂であり、大勢でものびのびと入れる。
その後部屋へ戻り風呂上がりのビールを飲んだ後就寝。
人間もユキも旅の疲れで、スグに眠りへついた。


翌朝は、薄曇りの天気であったが、部屋の窓からは、
それなりの景色を眺める事ができた。
山の木々は若干紅葉が始まったかな、と言った感じである。
その山の麓を東武鬼怒川線の電車が走るのを時折見かける。
その下に鬼怒川があるのだが、川の流れは微妙に見えない。

ちょっと残念。
それでも、このホテルは川の流れは見えないが、
犬とゆっくりできる事が自慢の宿である。

部屋からの眺め

部屋の窓から見えたアルプガーデン
窓から右下を覗くと、「アルプガーデン」と呼ばれる庭が
見えた。
こちらはドッグラン形式になっており、犬と自由に遊べる
広場である。
プールや、ちょっとした博物館や喫茶もあるようだ。
チェックイン時に説明を受けた、館内で犬のおしっこ
できる場所の一つである。

ユキの朝のおしっこは、5階のワンちゃん広場へ。
エレベータで5階で降りると、左側に看板が見える。
看板の先を左に曲がり通路を進むと、外への出口が見えてきた。
出口で外用の履物に履き替え、外へ出る。

5階の「ワンちゃん広場」の看板 「ワンちゃん広場」への通路 ワンちゃん広場

正面には、「ワンちゃん用露天風呂」が見えた。
左手に「おしっこの木」がある。
ここで犬のおしっこをさせる。
しかし、ユキにはちょっと狭そう・・・・
ワンちゃん用露天風呂の横には赤い橋があり、ちょっとした広場がある。

ワンちゃん用露天風呂 「おしっこの木」 広 場

朝 食
部屋へ戻ると、朝食の用意がされていた。
このプランは朝食も部屋食である。
朝食は鮭や海苔、納豆といった和食である。
ご飯はお櫃、味噌汁はカセットコンロで温められた鍋から、
それぞれ自分の好きな量だけよそって食べる事ができる。

犬用の朝ごはんも標準で付いている。
メニューは夜と同じ、ササミとミルク。
しばし「待て」をした後に、美味しそうに食べた。

朝食食べたいな 美味しいね

会員カード
朝食後に少しゆっくりとした後チェックアウト。
その際に会員カードを渡してくれた。
裏はポイントカードになっており、利用1万円毎にスタンプを
1つ押してくれるそうだ。
ちなみに過去2回は「じゃらん」での予約だったので、
カードをくれなかったのだそうだ。
直接予約のグループのみだ、との事。
さらに、チェックインの際に撮った写真もいただいた。


車は宿の方が駐車場から入口まで運んでくれていたので、
そのまま荷物を積み込み、宿を後にする事ができた。

さすがに犬連れの老舗宿、結構くつろぐ事ができた。
今回は「特別室」の投稿ですので、若干一般室と異なる事もあります。
(部屋の広さとか、眺め等)


  
   利用者 みかりん さん / 当日利用人数 2人+1犬(柴・メス)     利用日 2006.04 
ペット同伴宿の草分けとして有名なお宿です。
今回、公共の宿に連れて行くのが初めてだったので、なるべく一緒にいられる宿という基準で決めました。

宿泊の前日、宿の方から、「明日は鬼怒川温泉桜祭りが開催されますので、混雑が予想されます。通常の2時半ではなく、1時頃からチェックインできますので、よろしかったらお早めにいらして下さい。こちらでもミニライブの企画がありますので、ぜひご参加ください。」とのお電話をいただきました。
結局着いたのは3時過ぎで、町の桜祭りはすでに終わっていたせいか、さほどの混雑はありませんでした。

宿の玄関で男の方が二人、迎えて下さって、荷物もすべて運んで、車も駐車場に持って行って、と、「温泉宿!!」という雰囲気がうれしかったです。
入り口には足ふきタオルが山積み。
チェックインの時に「わんちゃんのお名前は?」と聞いて下さって、そのあと宿の説明の時に「鈴ちゃんを〜」と名前で呼んでくれました。この辺りも心配り?
その宿での注意点は、お部屋にペットだけにしない、粗相をしたら即フロントに連絡(従業員の方が処理されるため)。あとは食事も布団もご一緒にどうぞとのこと。
チェックイン終了時に、記念写真を撮ってくれます。後日送られてくるそうです。
この日は猫1匹、犬19匹のお泊まりだとか。

建物そのものはかなり古く、エレベーターも狭いので、大型犬同士の相乗りは難しそう。
お部屋に通されて、入り口の古さと狭さに一瞬がっかりしたのですが、中に入ってびっくり。2面が窓になっていてとても明るく(ちょうど行われていたミニライブの音が聞こえてきました。フルートとピアノの演奏でした)、空調もつけておいてくださったのでぽかぽか。
そして何より畳がほんとにきれい。年に4回交換しているというのは本当なのですね。

今回のお部屋は6畳半くらいに窓際に小さな机、椅子が二つという温泉宿基本スタイル。扉を開けてトイレと洗面所、小さなお風呂があります。こちらが板敷きなので、トイレシートとお水はそこに置きました。お部屋にはその他テレビ、金庫、テーブルと座椅子が二つ、ポットとお茶セット、温泉まんじゅう、空の冷蔵庫、グラスが4つ、栓抜き。犬のものとしては、エチケット袋(ビニール袋とティッシュ)、犬用ビスケットがありました。


宿の施設は時間制で男女交代になるお風呂が3つ。どれも小さいし、展望風呂が一つありますが、そんなに眺望はよくありません。ただ、古いのですが、浴槽などはとても新しく、快適でした。温泉そのものの成分も私にはあっていたのか、入ったら出たくなくなるほど。。。
犬用としては5階にあるミニドッグラン(おしっこの木なるものもあり)と犬用露天風呂(有料)。
2階部分にある小石敷きのミニドッグランと犬用温泉プール(季節柄、空でした)
どちらにも宿からの入り口に外履きサンダルとエチケット袋、足ふきタオルは完備。
また、玄関を出ると、おしっこを流すようにと、お水をつめたペットボトルも用意されていました。


食事は1階の食堂でいただきます。テーブル席で、子供用の椅子にクッションが敷かれ、犬用になってました。でもほとんどの方は床で食べさせていたようで、家もそうでした。犬にはボイルしたささみと犬用の低脂肪ミルクが出されます。
人の食事は温泉宿の料理。お刺身は新鮮、苦手なイカの塩辛も美味しく食べてしまいました。南京まんじゅうなど熱々で、ご飯は湯葉とかにの炊き込みご飯。お腹いっぱい、大満足でした。一部、うるさく吠える犬がいたのが残念でした。食事時間がずれていたので、ずっと一緒ではなかったので助かりましたが。。

夜は通常、10匹以上の宿泊があると「わんわんコンパ」なるものがロビーで開かれるそうなのですが、今回は桜祭り企画として、パステル画教室がありました。チェックインの時に犬のアップの写真を一枚撮って下さっていて、それをもとに画家さんに書いていただいた下絵にパステルで塗り絵をしましょう、というものなのですが、楽しめました。ちょこっとアドバイスがあったりして、いい記念になりました。ちなみに無料でした。

食事の間に部屋には布団が敷かれていました。とても清潔でふかふか。快適です。
ただ、夜中にどこかの犬の声が聞こえたりして、鈴は落ち着かなく、あまり眠れなかったようです。

5階のミニドッグランへ夜と朝、鈴を連れて行きました。それぞれ、トイレをさせている人たちがちらほら。結構寒かったので、宿の外に出る事を考えると、助かりますね。
朝食も暖かい湯豆腐など、おいしくたっぷりいただきました。
犬メニューは夜と同じ。


このお宿では、犬連れであることの気苦労は一切ないといっていいかもしれません。
そして、働いている方々がよかったです。お掃除のおばさんから黒服のおじさんまで、みなさん気さくに声をかけて下さるし、そして全員犬好きという雰囲気があふれてます。やっぱり宿は人ですね。
常連さんも多く、6度めという方もいらっしゃいました。犬を一人にしておけない方にはおすすめの宿だと思います。機会があればまた泊まろうかな。

管理人へのメッセージ



Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  

若干マイナーチェンジ
シゲちゃん さん
(2013-07-22 20:41:47)
駐車場がホテルの向かいに新設されたので、向かいの駐車場が空いてれば送迎はなく、自分で駐車。
エレベータが新しくなってました。
ワンちゃん食事のミルクを残す子が多くなったので、水にしたそうです。
器も変わってました。


最高でした
シゲちゃん さん
(2009-07-28 14:25:15)
まったく、みかりんさんの書かれてる通りでした。
スタンプラリーなる物もやってました。
TVが液晶TVになってました(HPでは08.07.31〜でした)。


***** 投 票 *****
この宿は泊まったけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)

旅行の予約

パソコン、周辺機器、ソフト

アフィリエイト

アフィリエイトのアクセストレード

System Counter 2005.3.6 〜 5,833,171


Page Counter 2021.1.1 〜  124


inu-to-yuku System V0.23