投稿、おまちしています
(ホテルそよかぜ内) レストラン「ル・ヴァンベール」
TEL 0267−45−8200
住所 長野県北佐久郡軽井沢町千ヶ滝197
交通 このあたり
 上信越道 碓氷軽井沢ICから軽井沢方面へ
 中軽井沢駅前からR146を群馬(北軽井沢)方面へ
 くねくね道の途中左側
関連ページ  (2019.12確認)
 こちらのHP https://www.hotelsoyokaze.com/equipment/
 ホテルのHP https://www.hotelsoyokaze.com/
 
利用者シゲちゃん さん当日利用人数3人+1犬(ユキ(北海道犬系雑種、メス)) 利用日 2010.10
10月下旬の土曜のランチに利用。

 
ホテル正面
uniさん投稿の「ホテル そよかぜ」のレストラン。
犬連れ雑誌にはレストラン名のみの記載であったため、
あれ、ここはホテルで名前も違うな〜なんて思い通り過ぎてしまった。
地図を良く見ると場所は合っていたので、
看 板
Uターンして戻った。

ランチの看板

正面の階段前と横にに駐車場があり、横へ駐車する。
駐車場の前には、ランチの看板が出ていた。
階段のフェンスには、宿泊者用駐車場の案内があり、
宿泊者は奥の方へ駐車するようだ。
駐車場


車を降りると、玄関からお店の方が出てきてお出迎えしてくれた。
一応、犬の可否を尋ねると、OKとの事。
階段を上り、入口から中へ入る。
 
WANちゃん専用の足ふき
入口には、「WANちゃん専用の足ふき」と書かれた案内の
後に、タオルが置かれていた。
さすが、犬連れ宿、と言った感じである。
ユキの足を拭かずに、このままで良いか尋ねると、
そのままで良いとの事で、奥へ進む。

右側にはホテルのフロントが見え、左側にあるレストランへと案内された。

左にレストランが見えた ホテルフロント

レストラン内
一番手前の席に着き、リードフックを探していると、お店の方が
椅子に付いているので、それに繋いでください、と案内してくれた。

椅子のリードフック 椅子のリードフックに繋がれました



次に、メニューを置き、ランチの説明をしてくれた。
AとBの2種類あり、それぞれメインが3種類ある。
メニュー

Aはオードブル・メイン(3種類から1品)・パンとバター・
デザート・コーヒーor紅茶で2,200円

Bはメイン(3種類から1品)・サラダ・コーヒーor紅茶
で1,500円

ご飯物が食べたければ、Bの2・3のみ、との事。
注文したのは、
Aの1(本日のお肉料理・・・若鶏のソース煮込み)
Bの2(ホテル特製カレー ライス)
Bの3(   〃 ハッシュドビーフ ライス)


レストラン内はサンルームの様になっており、大きな窓から外が良く見える。
ストーブも置かれていて、さすがに寒い場所なんだな、と実感。
しかし、この日は天気も良く、日差しも強かったので、やや暑いかな
と言った感じであったので、お店の方に許可を得て窓を開けた。
軽井沢の爽やかな空気が心地良い。

駐車場脇のミニドッグラン 宿泊者用駐車場から見たホテル

ユキと周辺散策へと出る。
駐車場の前は道路でカーブになっているので、車が来ても
スグに気が付かないような感じであるので、横断すると
少々危険な感じなので、駐車場近辺をプラプラ。
宿泊者用の駐車場の脇にはミニドッグランもあった。
Bランチのサラダ
少々ユキには狭そうなで、利用はしなかった。
そこから、ホテルを見上げると、ちょうどレストランが
突き出すように見え、窓が大きく開いているのも見えた。

散策後レストランへ戻るとサラダが来ていた。
これは、Bランチのセット品のようだ。
Aランチ用にはオードブルが来ていた。
最初は、Aランチのサラダは豪華だな、なんて思ってしまった。

Aランチのオードブル Aランチのパン

その後、Aランチ用のパンとバターが来た。
少しして、カレーとハッシュドビーフが来た。
どちらもルーはライスと別容器のタイプ。
並べて置くと、色の違いと具の大きさが違うようだ。
食べ比べると、さすがに全然違い、カレーはやや辛め、
ハッシュドビーフはまろやかだ。
どちらもご飯に良く合う。

ハッシュドビーフ(上) & ライス
& カレー(下)         
Aランチメインの若鶏のソース煮込み

カレーも半分ほど食した後に、Aランチメインの若鶏のソース煮込み
がやって来た。
お待たせしてスミマセン、との事。
鶏は柔らかく、ソースともよく合う。
パンとも合いそうだ。

Aランチデザートのアイス ランチセットの紅茶&コーヒー

Aランチは、その後デザートのアイスが来た。
A,B共にセットのコーヒーと紅茶も来た。

レストラン内は禁煙。
喫煙はロビー脇の階段の下のソファーで。

管理人へのメール