更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2022年10月 29日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
↓迷子になったらこのバナー↓

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。


投稿、おまちしています
那須どうぶつ王国
TEL 0287−77−1110
住所 栃木県那須郡那須町大字大島みどりヶ丘
交通 このあたり
東北道 那須ICからも行けるが、那須高原SAスマートICを利用した方が近く、
    また那須の街中の渋滞等も避ける事ができる。
    
    那須高原SAスマートICを出て県道349をR4方面へ進む(ゴンドラとは逆方面)
    R4の信号を左折し北上する。
    次の「朝日小学校入口」信号を左折し、県道305を進む。
    そのまま、ひたすら道なりに進み山方面へ向かうと、右側に見えてくる
関連ページ  こちらのHP  http://www.nasu-oukoku.com/
※季節によって入園出来ないこともあるようです http://www.nasu-oukoku.com/info/withdog/
ワンコネット那須ホームページ http://www.nasunogahara.co.jp/wankonet-nasu/
利用者 シゲちゃん さん利用人数・犬数 3人+1犬(北海道犬風雑種・メス)/利用日 2013.05
5月中旬のソコソコの天気の新緑が美しい日曜に利用。
ワンコネット那須」の情報を元に、「ザ・ハートフィールド・イン」をチェックアウト後にやって来た。
マウントジーンズ那須(那須ゴンドラ)」の下側に位置しており、「ザ・ハートフィールド・イン」から車では、結構近い場所にある。

駐車場に着くと、オフシーズンと早い時間の為か、かなり空いていた。
入口に近い場所には、ソコソコ車はあったが、比較的施設入口に近い場所に車を停められた。
そこから、施設入口方面へ歩いて行くと、結構お洒落な建物がある。
駐車場 施設入口 チケット売り場
入口付近に行くと、右側にチケット売り場がある。
窓口は5つくらいあるようだが、この時は空いている為か1つだけ開いていた。
チケット購入後、入園ゲートから中へと入る。
すると、スタッフの方が「ワンちゃん連れでの入園は初めてですか?」と声を掛けてきた。
初めての旨を伝えると、犬連れの入園案内をしてくれた。
王国タウン 犬連れの方へ 足跡マーク
園内マップを見せてくれて、入口から入ってスグの「王国タウン」内は、
犬の立ち入りは禁止だそうだ。
王国タウンを避ける様に左側周囲の通路に、犬の足跡マークがあるので、そこを通って、
「王国ファーム」へ向かってください
、との事。
王国ファームはリードで散策可能で、王国タウンから移動用のバスがあるが、
それに乗って行ける、との事。
そして、王国タウン内でも、足跡マークがあるテラス席の飲食店も利用可能、との事。

案内を聞いた後、正面へ進むと王国タウンが見えてきた。
その入口には、なるほど「犬連れの方へ」との案内があり、左側へ進むよう矢印があった。
中では小動物と触れ合える施設や、レンタル犬等があるため、外部の犬は入れないようだ。
そして、通路には足跡マークがある。
なるほど、これは歩ける場所がわから、中々親切な配慮だな、と感じた。
テラス席
右側にはテラス席のある飲食店があり、足跡マークが
続いていた。
まだ朝方で駐車場も空いていた為か、中も比較的人は
少ない様だったが、親子連れが目立った。

そして、足跡マークに従い左側の通路を進み、王国ファーム行き
のバス乗り場へ向かう。
進むと、突き当たりを右側に曲がる場所があり、その角にドッグランがあった。
折角なので、利用してみる事にした。
ユキのリードを外すと、嬉しそうにダッシュ!
奥行きはソコソコ広いが、横は建物と通路の間のデッドスペースをドッグランにした感じで、
あまり広く無く、建物に合わせてジクザグしてる場所もある。
それでも、中々楽しめるようであるが、時々ユキが何かを凝視。
建物の中の動物でも気になるのだろうか。
中には様々な動物達がいるようだ。
楽しんだ後、奥の方(進行方向)にも出入り口があるので、そちから出て先へ進む。
ドッグラン ダッシュ! 何かを凝視
出口の先の通路左側には、大きな石の壁があり、何かの動物ショーの場所のようだ。
ココも犬進入不可。
その先の左側には、「水辺のどうぶつ王国」エリアがあるが、入口には「愛犬連れ行けません
の案内看板があり、犬連れは中に入れないので、そのまま通路を進む。
しかし、人間のみは入れるので、年寄りだけ中に入り先へ進む。
先に進んで行くと、通路の左側にある施設は外からも見えるようだ。
外からでも、遠目でペンギンや、近くでフラミンゴ等を見る事ができた。
こちらも、奥に出入口があり、年寄りはそこから出てきた。
水辺のどうぶつ王国(犬禁)
この向かいに動物ファーム行きのバス乗り場がある。
混雑時等の特定日には、「ワンちゃん専用バス停」から犬連れ専用バスもあるようだ。
この日は通常のバス停から乗車。
ファーム行きバス乗り場 ワンちゃん専用バス乗り場(特定日のみ)
犬はダッコ乗車かな?と思い問い合わせてみると、ダッコでもリードのままでも可との事
ユキはリードのまま乗車。
結構空いていたので、一番奥の席へ着いた。
ユキはシートの前でお座り。
ユキはシートの前でお座り 出 発
少しして、ある程度のお客さんが乗車して出発。
この時は気が付かなかったが、後で写真を見たらワンコをダッコしてるお客さんもいた。
出発後結構狭い道を進み、谷間へと進んで行く。
車内アナウンスも流れており、周囲の説明もしてくれていた。
時折、バスの運転手さんが無線で、どこどこ通過の様な話も聞こえてきた。
途中で、ファームからくるバスとすれ違う為のようで、広い場所ですれ違いをしていた。
いくつかのカーブを抜けて、谷間から上の方へと進んで行く。
タウンとファームは高台にあり、間に谷間があるようだ。
少しして、ファームへ到着し、バスを降りる。

王国ファーム案内図
バスを降りた後、さ〜どこから散策しようかと思い、近くの
案内マップを見る。
バスに乗らず、散策路を歩いて移動する事も可能なようだ。
案内図には様々な場所があるようだが、いくつか消された
跡もあるよだ。
我々は案内図の右側のタウンとは反対側へ進んで行った。
通路は舗装道路で、右側には羊たちが見えた。
おやつの販売機もあり、購入して与える事もできるようだ。
フェンスには、犬連れへの注意事項として、「犬を動物に近づけないでください」旨案内があった。
犬を動物に近づけないでください トナカイ
隣にはトナカイがいて、一頭が寄って来た。
ユキも気になるようで、お互いに気になる様だった。
しかし、近づけないでください、との事なので、これ以上近寄らないようにする。
道の反対側の右側には馬がいた。
さらに先へ進むと鳥のケージがあり、フクロウやワシ等がいる。
それらのケージのコーナを進むと池が見え、アヒルが寛いでいた。
その先の散策路には施設の人が馬を連れて歩いていた。
その奥には、イベント広場があり、広々とした芝生の庭が広がり、ベンチも多数見えた。
ちなみに、イベント広場も犬禁である。
鳥のケージ 馬が歩いていた
そこから先へ進むと、左側に「ふれあい広場」がある。
動物達と直接触れ合う事ができるのだが、こちらも犬禁。
反対の右側には、休憩所があり、脇の草むらにアルパカが居た。
写真では一見放し飼いの様に見えるが、草むらにポールが埋め込まれており、
そこにリードが繋がれていた。
ふれあい広場 アルパカ カンガルー
その先にはカンガルーと触れ合える場所もあったが、こちらも犬禁。
直接動物と触れ合える場所は全て犬禁のようである。
年寄りがカンガルーを見たいとの事で中へ入る。
私とユキは周辺散策。
他に引き馬コーナーもある。
カンガルーコーナーの奥に休憩所が見えたので、近づくと喫煙所もあった。
そこで、少し休憩。
休憩所からは、先程見えたイベント広場も見えた。
引き馬 喫煙所 イベント広場
休憩後に先へ進むと、ハンモックの森と呼ばれる場所が見えた。
木々の間にハンモックが吊るされ、ココでのんびりしてる人達もいた。
ココがファームの一番奥の様である。
そこから戻る方向へ進むと、レストランBOCCAがある。
こちらは犬可で広い席が多数あるようだ。
しかし、まだ早い時間のためか、利用してる人も少ない。
ハンモックの森 レストランBOCCA トラクターバス乗り場の案内看板
そして、バスを降りた場所まで戻ると、トラクターバス乗り場の案内看板があった。
バスを降りた後にも気が付いてはいたが、看板をじっくり見てみると、
「トラクターバスは抱っこが可能な小型犬までです」の案内があった。
その看板の脇にはアスレチックも見えた。
左側に、トラクターバス乗り場が見え、並んで待つようなのだが、やはりあまりお客さんが居ない。
しかも、ちょうど待つ事もなく、トラクターバスがやって来て、スグにお客さんが降りる。
トラクターバスの運転手さんが乗降のお手伝いをしているようだ。
アスレチック トラクターバス乗り場 トラクターバス到着
お客さんが全て降りた後に、我々も乗車。
他のお客さんも少なかったので、一番前の席にユキをダッコして乗車。
席からはトラクターの様子も良く見える。
ちゃんとナンバーも付いてるので、公道も走れる様だ。
席はテラス席風のベンチシート。
少し待ち、他のお客さんが何組か乗車した後に発車。
席から見たトラクター ダッコされて乗ってるよ
広大な丘の上をひた走る感じだが、速度は、やはりトラクター!
でも高原の空気が中々心地良い。
少し走ると右側に大きなドッグランが見えてきた。
あ〜ドッグラン利用するの忘れてた〜と言った感もあったが、まーしゃーないな、と
景色は進んで行く。
結構広いドッグランのようで、やはりユキと遊びたかった。
右側のドッグラン 王国タウンが見えた
その先の小高い丘の上に建物が見えた。
王国タウンのようである。
左側には小型犬用ドッグランも見え、普通の小型犬ドッグランなんて広さでは無く、
大型犬でも十分に遊べそうな広さである。
小型犬ドッグラン トラクターバス谷間の停車場
段々と斜面を下って行き、谷間へと進んで行く。
そして、谷間にあるトラクターバスの停車場へと到着。
そこから王国タウン方面にリフトが見えた。
その先に右側の通路があり、さらに先に川がある。
川を越えると右側には釣り堀が見えた。
釣り堀の犬の可否は行ってないので不明。
リフトが見えた 釣り堀が見えた
我々は、そのまま先のリフトへと進む。
先にリフトの案内があった。
分ってはいたが、コチラはこの施設内で数少ない有料の乗り物である。
片道300円で約3分との事。
乗り場で乗車料を支払い、リフトへ乗車。
犬はダッコで乗車可能なので、ユキをダッコして乗車。
一般的に良くある二人乗りのペアリフトである。
リフト案内 ダッコされてリフト乗ってるよ 急斜面上ってる
谷間から結構な急斜面を上って行く。
反対側の下りにも結構お客さんが乗っているようだ。
なるほど、我々と反対の利用も当然ありである。
上の方へ進んで行くと、下方面の眺めが良くなって行く。
先程散策していた王国ファーム方面が良く見える。
トラクターバスで見たドッグランや、バスの通って来た道路も見えた。
約3分で頂上駅へ到着し、リフトを降りる。
リフトからの眺め リフト終点 タウンの建物が見えた
リフトを降りて周囲を見ると、上の方には王国タウンの建物が見えた。
右側を見ると、先程乗ったタウンからファームへ向かうバスを見る事が出来た。
あんな場所を通って来たんだな、と実感。
さらに写真は撮らなかったが、ココから下へ向かう遊歩道もある。
リフトを使わずに、行き来する事もできるようである。

我々は、そこから上へ進み王国タウンの建物方面へ向かう。
上ってく途中で恋人の聖地なる物が見えた。
「恋人の聖地」は様々な場所にあり、何か理由があるのだが、興味も無いので良く分らない。
とりあえずは、眺めの良い展望台、といった感じであり、眺めは中々良い感じ。
雨も降りそうな天気で霞んでいたが、とりあえずソコソコの場所までは見えるようだ。
晴れてれば、もっと眺め良さそうである。
タウン〜ファーム間バスが見えた 恋人の聖地 恋人の聖地からの眺め
さらに上ると、先程見えた建物の王国レストランと呼ばれる場所の入口に着いた。
こちらも犬連れでテラス席でBBQできるようだ。
ただ、まだ昼には若干早いし、BBQって気持でもなかったので、さらに上へ向かう。
上には階段があり、その先に「王国中央広場」の看板があった。
そこを上って行くと、上にはカピバラの森と呼ばれる場所が見えた。
こちらも犬禁エリアであるが、周囲の囲いの周りから中を見る事もできた。
多数のお客さんが楽しんでいる姿が見えた。
ワンちゃんとBBQ看板 王国中央広場看板 カピバラの森
犬連れ通路歩くよ
犬連れは、その周囲を歩いて行く。
王国タウンの周囲を歩いていると、中に犬連れも見えた。
やはりレンタル犬で楽しんでるお客さんもいるようだ。
さらに進むと、端っこに辿り着いたのだが、さてココからどこへ行くのかな〜と
周りを見渡すと、フェンスの脇の排水路場に犬の足跡マークが見えた。
あら〜こんな場所を進んでくのね、と言った感じもあるが、ソコを進むしかない。

先へ進むと、朝方に乗ったファーム行きバスの乗り場が見えてきた。
なるほど、これで一周した、って感じである。
その横には、「犬連れのお客様ルートご案内」の看板もあった。
バスに乗った時には気が付かなかったが、バスに乗らず我々の利用したのと
反対ルート、もしくは、食事処へのルートでもあったようだ。
ファーム行きバス 犬連れルート案内
さて、この後どうしようかと思い、昼も近くであり、さらに午後から雨模様との天気予報で
あったため、昼食にする事にした。
先程のフェンス脇の狭い通路を戻り(人間のみならタウン内通行可)ナステラスの
テラス席へ戻る。
ナステラス の テラス席 ナステラスのメニュー
ナステラスは、店内席も多数あるが、テラス席も多数ある。
写真には、お客さんの姿を写さなかったが、食事をせず眺めだけを楽しむ人も多数いた。
席に着き、とりあえずユキを繋いで交代で店内のメニューを見る。
ファーストフード系のメニューが多数あるが、ステーキ等のオリジナルメニューもあるようだ。
我々は全員疲れてたのでさらっと食せそうな、「トチブーラーメン」にしてみた。

注文後時間かかるかな〜と思ってたら、予想以上の速さで出来上がった。
空いてた為か、スゴイ速いと感じた。
セルフサービスで料理を自分で運び、箸やレンゲ等々を加えた後、テラス席へ戻る。
ユキはテラス席に繋がれている。
トチブーは栃木の豚のチャーシューの様である。
ま〜こういった場所のファーストフードではあるが、それなりに美味しくいただけた。
値段も、ま〜それなりであろうか。
テラス席からの眺めも、ファーム方面が良く見え、中々の物である。
さっき、あそこ行ったね、なんて感じで話しながら歓談するのも嬉しいかも。
トチブーラーメン ボクは席の横にいるよ テラス席からの眺め
食後に食器を下膳口に戻し、再び先程の狭い通路を進みバス乗り場方面へ向かう。
やはり、ここからも入口から来た通路を戻るしかなく、そこを進んで行く。
途中、イベント会場で何かやってたようだが、通路からは分らなかった・・・
そして入場ゲート付近へと戻る。
入場ゲート脇にある、お土産屋さんは犬も入れるようで、ユキと一緒に土産を散策。

宿の方も1日で回れないよ〜って言われてのを、強行で半日で回ってみた。
雨降りそうってのもあったが、結構うわべの雰囲気だけでも楽しむ事もできた。
やはり、ゆっくりじっくり楽しむべき施設だろうか。
でも、時間無くとも、事前に調べとけば、それなりも楽しめそうな施設である。
お土産屋さんは犬も可


入国料金
イーグルチケット(大人・中学生以上)    1,800円
犬                       無料
(預かりは別途有料)
他、様々なセット料金等々あり、詳しくはHPで。

管理人へのメッセージ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新5件まで表示します
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  
現在コメントはありません

***** 投 票 *****
ここ利用したけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)

旅行の予約

パソコン、周辺機器、ソフト

アフィリエイト

アフィリエイトのアクセストレード

System Counter 2005.3.6 〜 6,058,689


Page Counter 2023.1.1 〜  1


inu-to-yuku System V0.26