更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2016年5月 18日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
迷子になったらこのバナーをクリック

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。

誰かが見た犬<海外編>
国内 お絵描き
国内でも「あれれ?」と思うことが時々ありますが、海外での犬との暮らしはどうなのでしょうか。
日本人が旅先で、滞在先で見た犬のお話を教えてもらいました。
情報、おまちしています
カナダで見た犬達 年に1〜2回海外旅行へ行くピカチュウさんに、旅先で犬を見たら教えて!、とお願いした、第一弾です。
ドイツで見た犬達 ピカチュウさんの海外レポート第2弾。ヨーロッパのウンチ事情が垣間見れます。
英国シュルター見学記 動物愛護の国といわれている英国のシェルターの見学記です。やはり日本の動物管理事務所とはちがいます。でも、人は人らしい、、です。
ロンドン・レポート 犬と暮らしていないが犬大好きな、きつね洞さんのロンドン・レポート。アムステルダムのオマケ付き。
ドイツ・スペイン・レポート 海外出張中の和田さんが見た、犬のいる風景。
ちょっと昔のヨーロッパにて 子供の頃、お父様のお仕事の都合でヨーロッパに住んでいた時のお話です。
Trucker 訓練、しつけ、犬の幸せ、人の幸せ、色々考えさせられるお話です。ちなみにこの先生はアメリカ在住。
ニュージーランド・レポート きつね洞さんが、南半球・ニュージーランドで見た犬を現地からレポートしてくれました。
エジンバラ・レポート 一ヶ月違いできつね洞さんが、北半球・イギリスのレポートを現地から送ってくれました。
2001年9月、テロ現場復旧作業 同時多発テロのこと、忘れないように・・・・
イタリアで見た犬達 ピカチュウさんが、2001年の9月のことを思い出して書いてくださいました。
ドイツに暮らしていたころ、 当時、犬と暮らしていなかった頃のビビママさんの、当地での体験談。「ほとんどどこでもOK」、羨ましいです。
犬は凶器に  刃物をちらつかされた時と同じように感じるのだと思います。
タイの思い出 その1   '90年代前半の話ですが、狂犬病は過去の病気ではありません
タイの思い出 その2   私たちは、犬を狭い視野で見て、狭い範囲に押し込めているのかも
タイの思い出 その3   人間に都合のいいルールを自発的に守ることもできるのです
投稿、おまちしています

























こちらもご利用ください

フード・犬具・服・etc・・・

POCHI/全品送料無料キャンペーン実施中!  

旅行の予約

 
 
 
 
 

人間のファッション・雑貨など

 

パソコン、デジカメ、メモリ

アフィリエイト

保 険




System Counter 2005.3.6 〜  4798580


Page Counter 2018.1.1 〜  121


inu-to-yuku System V0.12d