更新があったら読んでください
「お知らせ」 と 「お願い」
(最終更新日 2016年5月 18日 )
一度は、必ずお読みください
■はじめに、お読みください
■情報をお寄せください
■施設運営者の皆様へ
迷子になったらこのバナーをクリック

●掲載されている情報は、投稿者の責任により書かれた情報であり、内容について「犬とゆく」はいかなる保証もいたしません。予めご了承ください。
●情報は変更になる場合がございます。他情報サイトにての確認、そして必ず各施設に直接(電話・メールなどで)内容をご確認の上、おでかけください。
●皆様が素敵な時間を過ごせることを願っています。


投稿、おまちしています
高遠城址公園(高遠さくら祭り)
高遠町総合支所 高遠長谷商工観光課 TEL 0265−94−2556
高遠城址公園 公園管理事務所 TEL 0265-94−2257
住所 長野県伊那市高遠町東高遠
交通 このあたり
地図を見ていただければわかりますが近くに高速のインターも鉄道もありません
最も近いのは以下の2つのインターが最も近いとおもいます。

中央高速 伊那 I.C. から 国道361号に入り東へ。道が空いていれば30分(*)くらいで国道152号との三叉路にぶつかります。ここが「高遠公園下」の信号。ここを右折すればすぐに公園全体の入口。

中央高速 諏訪 I.C. から 国道152号に入り南へ。道が空いていれば50分(*)くらいで国道361号との三叉路にぶつかります。ここが「高遠公園下」の信号。直進すればすぐに公園入口の案内が見えます。

(*)下記「伊那市のサイト内での高遠城址公園の紹介」ページより
関連ページ 
伊那市のサイト内での高遠城址公園の紹介 http://www.inacity.jp/shisetsu/koenshisetsu/takatojoshikoen.html
伊那市のサイト内での高遠城址公園ガイド
http://www.inacity.jp/kankojoho/sakura_meisho/takato_sakura/kankopamphlet.html
高遠さくら祭り2017 http://takato-inacity.jp/h29/ (2017年→h29 2016年→h28)
利用者 uni / 当日利用人数 3人+0犬 / 利用日 2017.04
今回も犬猫なしでの利用。
足腰が弱ってきた高齢の母に「今のうちに行きたいところない?」と尋ねたら「高遠の桜」の名前が挙がった。とても有名な桜なので混雑するだろうなと思った。私も母も混雑する所は好きではない。それでも名前をあげたのだから連れていかなくては、と行くことにしました。
母と仲のいい叔母も一緒に、人間三人の旅行となりました。

全く行ったことがない土地だったのでまずネットで調べる。上記「高遠さくら祭り2017」のサイト内の「高遠さくら祭りのご案内」に(私が見たとき)以下の記述を見つけた。
==================
【犬をお連れの皆さんへお願い】
・公園内では必ずリードをつけ、ロングリードにならないようお願いします。
・また、犬のフンの始末はすべて各自にてお持ち帰りをお願いします。
==================
「犬連れて行っていいんだ〜。でも混雑すごいらしいから連れている人いるのかなぁ」と漠然と思ったものでした。


この年、3月の下旬から暖かい日と寒い日があり、桜も早めに咲きそうで咲き切らない感じがありました。結局旅行の日まで高遠の桜の満開の知らせは入らず、当日、満開となりそれは嬉しいのですが混雑が怖くなりました。

というのは、まずお祭りの開始(開門)時間。9時だろうと思っていたら6時!。前泊する宿の人に例年のことを聞いたら「満開のときは7時で混雑しています」と。お祭り専用アプリをタブレットにインストールすると駐車場の混雑状況が確認出来るのですが、出発2日前の6時40分に公園近くの駐車場はどこも満車になっていた。

母も叔母も足腰に不安があり混雑は避けたい。私も人がいっぱいな場所は好きではない。
利用した宿(ペットOKとは一つも書いていない)では、桜まつりの夜桜見物のバスを出してくれるそうで、多くのお客さんはそれに参加していましたが、私たちは遠慮した(4月上旬から花が散るまで、日没から22時までライトアップをしている)。
会場のLIVEを流し続けるチャンネル


夜、天気他の情報を集めようと地元のテレビを観る。なんと高遠の桜をライブし続けているチャンネルがあった。夜桜の時間は人が歩いている姿も見えた。想像していたよりは混雑していなかった。
写真は朝起きて4時半くらいに撮ったものなので人の姿はありません。

私たちは、朝6時に開門を待つ車の列に並ぶことにした。
四時半に起き荷物をまとめ、五時半前には宿を出る。
朝5時前の窓からの景色
左の写真は4時50分頃。部屋の窓からの景色。気温は2度。それでも宿の周りにも多くの桜がありました。ちなみに宿は「仙流荘」(先にも書きましたがペット連れはNGだとおもいます)。
5時45分頃、「高遠公園下」信号の下には車の列が出来ていたので、そこに並ぶ。
下左の写真は、並ぶ直前に大きな橋を渡るのですがそこから会場を撮った。下右は車で並んだ記念(?)に撮りました。
並ぶ直前に会場を撮る 信号機の下に並んだ



6時を過ぎると車が進みはじめ会場へと、車一台しか通れない道を登って行く。
私たちの車が駐車場に入ったときは、会場前の駐車場も満車になっていなかった。
駐車料金を支払い、目の前の会場へ。
6時20分頃 7時半頃
入場料を支払い入場。何処を見ても桜色。早朝の少しひんやりした空気と時間と共に変わりゆく朝の光の中で桜色も変化していく。夜桜もいいものですが、早朝の桜は格別なものがありました。

「桜の咲く庭を歩く」というより「桜の花に埋もれてしまう」という感し。どこを見ても桜ばかり。視界に他の木や石碑などが目に入ると「なんで?」とおもってしまう。
会場で撮った写真やビデオのアルバムはこちら

桜を見るために上ばかり見ていましたが、ふと視線をいつもの高さに戻すと、犬連れの姿が。アルバム内では超大型犬と小型犬少々だけですが、小型犬や中型犬を連れた人、カートに乗せていた人もいらっしゃいました。
犬連れの人の姿があちこちに見えて驚きましたが、皆、お行儀がいい子ばかり。人間と一緒にゆったり散歩したり、カートの中で静かにしていたり。桜に気を取られていると気が付かない。こんな飼い主さん&犬が増えて嬉しいなとおもった桜の木の下でした。
ペット連れへのお願い

入場料を一度支払えれば入退場が自由。会場の下の方に「歴史博物館」や「絵島囲み屋敷」がある。一度退場しなければなりませんが、再度入場料を支払う必要はありません。
右の写真は歴史博物館近くの入口にあった看板。お祭りの時以外も犬OKのようです。

前から引きことも出来る車椅子
母が「絵島囲み屋敷」に興味を持っていたのですが、急な坂だったので諦めました。入場門の方は「この車椅子、お貸ししますよ。(左の写真の赤い所を指さし)ここにパイプを嵌めて人力車のように引っ張るものもありますから楽ですよ。震災後に開発されたものです」と説明してくだささいました。
母は恥ずかしいと思ったのか遠慮して行きませんでした(今考えると、8時前に行って観ることが出来たのかなと疑問)。

私たちが会場を後にしたのは8時頃ですが、その頃までは「大混雑」という感じはありませんでした。

満開の時に犬連れで行くのであれば、早朝6時前に車で並ぶことをお薦めします。混雑していないこともありますが、変わりゆく朝の光の中でその色を変化させる桜も見ものです。
早い時間で残念なのは、開いている出店の数が限られていること。それでも会場内外に数店が営業していて、そこでお土産を買いました。母と叔母は温かい甘酒を飲んでいました。


会場の外から(8時頃)
右の写真は、会場を出て車で少し走った所から会場を撮影したもの。朝の写真の右の方から撮った。どこから見ても桜がこんもりしていました。

これだけ木があれば夏も木陰が多くて犬の散歩にはいいかも、と思ったりもしました。


駐車場 700円/一回
入場料 500円/大人一人
(2017年4月20日)

管理人へのメッセージ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


一口コメント

1.タイトルは13文字以内
2.ハンドルは10文字以内
3.コメントは120文字以内
※超過した部分は破棄されます
※タイトル、ハンドル、コメントの一つでも未入力の場合、投稿が破棄されます
※最新の5件まで示されます
※投稿の削除はできません

タイトル:
ハンドル:
コメント:
0文字  
*現在コメントはありません*

***** 投 票 *****
ここ利用したけど、
 
 
 
* 投票はお気軽に *


こちらもご利用ください

フード・犬具・服・etc・・・

POCHI/全品送料無料キャンペーン実施中!  

旅行の予約

 
 
 
 
 

人間のファッション・雑貨など

 

パソコン、デジカメ、メモリ

アフィリエイト

保 険




System Counter 2005.3.6 〜  4948092


Page Counter 2019.1.1 〜  61


inu-to-yuku System V0.13b